哀川翔の本名は?妻と子供は?メガネ好きの意外な趣味はカブトムシ

a0960_006459

俳優であり、監督であり、レーシングドライバーでもある哀川翔さん。

数多くの主演作品を演じていることから、竹内力さんと共に「Vシネマの帝王」と呼ばれています。なんと主演作品は100を越えているとか。

また、哀川翔さんがかけているメガネやサングラスには数多くのファンの方が注目しており、哀川翔さんがかけられていたメガネはすぐに売り切れるほどだとか。

哀川翔さんがかけているメガネの画像はすぐに出回りますね。

現在は駒澤高校に哀川翔さんが来られたことに驚いたファンの方から多くのツイートがあがってますね。

今回はそんな哀川翔さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

生年月日 1961年5月24日
出身地 鹿児島県(徳島県生まれ)
SIZE 身長:178cm
靴サイズ:26.0cm
 B:98cm
 W:75cm
 H:88cm
血液型: AB型
趣味 :釣り、ゴルフ
資格 :普通自動車免許
    大型自動二輪車
    国際C級ライセンス

哀川翔さんの本名は福地家宏(ふくち いえひろ)といいます。

なんと哀川翔さんは高校時代までは体育教師を目指しており、体育大学を受験しようとしてましたが、願書の出し忘れにより受験を断念した過去があるそうです。

哀川翔の妻は青地公美さん

哀川翔さんは1995年に結婚しており、奥さんの名前は青地公美さんといいます。

なんと元女優であり、北海道代表のミス・ユニバースにも選ばれたことがるのだとか。

2人は六本木のカラオケ屋「弐壱」にて武蔵丸光洋の大関昇進パーティーに参加した際に出会ったそうです。そのとき哀川翔さんが一目ぼれしたそうですよ。

5人の子供(三男、二女)を持つ親でもあり、末っ子で次女の福地桃子とは「借王(シャッキング)~華麗なる借金返済作戦~」、「キズナ・ワーク」等にて共演しています。

都内で行われたドールアプリ「Height Chart(ハイトチャート)」発表会では、桃子さんに対して「(恋人)は早ければ早いほどいい。幸せになってほしい」と父としての一面も覗かせました。

スポンサーリンク

哀川翔の意外な一面!ギネス申請も

なんと哀川翔さんは大の昆虫好きでもあるのです。

モータースポーツなどアグレッシブな趣味ばかりではないのですね。

その中でもカブトムシが好きなのか、2015年までに約2万5000匹を羽化させた実績があり「カブトムシ愛好家」という肩書きで紹介されることもあります。

2015年では育てたカブトムシのうち1匹が、全長88ミリメートルに達し普通のカブトムシとしては世界記録級の大きさだったため、なんとギネスブックへ申請もしたそうです。

また、2015年に公開された映画「アリのままでいたい」では、自らが出演していないにもかかわらず、初日舞台挨拶で希望する中学生以下の子供に自ら羽化させ育てたカブトムシの成虫200匹(ペア100組)をプレゼントした事もあるのだとか。

もともとは、(自分の)子供達のためにやりだしたことだが、自分だけが取り残されてしまったとコメントしたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

帝王と呼ばれるほどに数多くの主演を演じる大俳優である一方、過剰なほどの子煩悩ぶりを発揮し父親の面も見せる哀川翔さん。

これからもドラマ、映画で活躍し、そして家庭な家庭を築いていって欲しいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加