秋山莉奈が旦那(後藤翔之)との子供を出産!実は2人はデキ婚だった!?

a0002_008718

「オシリーナ」の愛称で知られている元グラビアアイドルの秋山莉奈さん。

その秋山莉奈さんが自身のブログにて、去年結婚した旦那のボートレーサーの後藤翔之選手の子供を出産したと報告しました。

「2月19日17時25分に2370gのとっても元気な男の子を出産しました 母子共に健康です!」とのこと。

「初めて抱っこした我が子は、小さくて愛おしくて出産の疲れも吹っ飛んでしまいました」と幸せいっぱいの様子で、「ここまで励まして、支えてくださった皆さん、関係者の方々、たくさん協力してくれた家族、そしてレースの合間に一生懸命サポートしてくれた主人に感謝の気持ちでいっぱいです」と綴りました。

今回はそんな秋山莉奈さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日:1985年9月26日
星座:てんびん座
出身地:東京
性別:女
血液型:A型
身長:163cm
デビュー年:2001年
デビュー作品:仮面ライダーアギト  ヒロイン・風谷真魚役
趣味:お菓子作り
特技:ピアノ、ソフトテニス、陸上
好きな食べ物:チョコレート、プリン

「オシリーナ」の愛称は、デビュー当時雑誌によってキャッチコピーがバラバラだったのを見た秋山莉奈さんが「だったら自分で考案してしまえ」との理由で、アピールポイントのお尻と自らの名前から名付けたものだそうです。「オシリーナ」へのこだわりは強く、過去に東京スポーツのインタビューで「生涯”オシリーナ”でいたい」と語ったこともあります。

愛犬飼育管理士・野菜ソムリエ・農業ファームマエストロ・食品衛生管理士の資格を所持。

2001年の「仮面ライダーアギト」でヒロイン・風谷真魚役として女優デビューを果たします。

以降、2007年の「仮面ライダー電王」と2009年の「仮面ライダーディケイド」の両作でデンライナーの乗務員、ナオミ役として出演、劇場版では2001年の「劇場版アギト」を筆頭に10回程度出演しています。

仮面ライダー以外のテレビ番組においては、2006年の「轟轟戦隊ボウケンジャー」にゲスト出演したことがあります。

スポンサーリンク

秋山莉奈はデキ婚だった?

今回出産された秋山莉奈さんですが、どうやら出来ちゃった結婚なのでは?といったウワサがあります。

秋山莉奈さんは、2015年6月30日に現在の夫であるボートレーサーの後藤翔之さんとの入籍をブログで発表し、10月21日に第1子妊娠を報告。2016年2月19日に第1子男児を出産しています。

赤ちゃんがお腹の中にいる期間はよく十月十日(とつきとうか)と言われますので、結婚した2015年6月からだと計算が合わなくなります。

このことから、妊娠が発覚してすぐに入籍したものと思われます。

2人はおそらくデキ婚なのでしょう。

ボートレーサー狙いタレント急増中の訳

ボートレーサーの後藤翔之さんと結婚された秋山莉奈さんですが、実は元グラドルがレーサーと結婚したのは今回が初めてではありません。

2009年3月に、元グラドルの片岡未来さんと福岡支部の郷原章平選手が結婚。2013年4月には、元グラドルで現・大阪市議の佐々木りえさんと東京支部の中野次郎選手が結婚しています。後藤翔之選手に秋山莉奈さんを紹介したのも、この佐々木りえさんと言われています。

元AKB48メンバーの大島麻衣さんも「高収入でイケメンも多いなんて最高!」と一時レーサーを狙っていると周囲に公言していました。

何故、タレントを含めた若い女性の間でボートレーサーが人気になっているのでしょう。

それは、「高収入で選手生命が長い」からです。

73歳まで現役で走っていた選手がいたほど他の競技に比べて息が長く、収入は平均年収が1600万円。秋山さんと結婚した後藤翔之選手と同じトップクラスのA1級であれば年収2000万円以上は手堅く、トップの選手になれば年収2億円は稼ぎます。

そしてレース期間中はケータイを含む外部との接触が禁止になるなど、年の半分から3分の2ほどレース場に拘束されます。そのため「亭主元気で留守がいい」タイプの女性にはピッタリの職業と言えるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ネット上では、デキ婚疑惑と重なり、秋山莉奈さんが金目当てで後藤翔之さんをハメたという話もあります。

秋山莉奈さんが「亭主元気で留守がいい」タイプの女性でなく、愛ある夫婦生活を営むことを願います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加