安藤サクラ「百円の恋」の肉体改造でプロボクサーへ勧誘!?

a1620_000013

「百円の恋」で「日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞を受賞したこと記憶に新しい安藤サクラさん。

その安藤サクラさんが、宮藤官九郎脚本のもと“ゆとり世代”の実態に迫る新日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」に岡田将生さん演じる坂間が務める食品メーカーの同期社員・宮下茜役に出演されることが明らかになりました。

                   宮藤官九郎の作品を振り返る ドラマ・映画・舞台

安藤サクラさんはこれが、連ドラヒロインとしては初挑戦。

安藤サクラさん演じる茜は、“ゆとり第一世代”でありながら、七転八倒の男子たちとは違い、仕事でも活躍し順調に昇進していくいわゆる“デキる女”。しかし、その一方で長年つきあっている恋人との関係や自分の未来に悩み、素直になれずさみしさを抱えているという、等身大の女性の顔も持つという役どころとのこと。

今回はそんな安藤サクラさんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日:1986年2月18日
星座:みずがめ座
出身地:東京
性別:女
身長:160cm
デビュー年:2007年
デビュー作品:風の外側 (映画・奥田瑛二監督) ヒロイン役

父親は俳優の奥田瑛二さん、母親はエッセイストの安藤和津さん、姉は映画監督の安藤桃子さんの芸能一家。映画デビューとなった「風の外側」には両親が出演しているほか、姉・安藤桃子さんも助監督として参加しています。

義弟の柄本時生さんとは、NHK連続テレビ小説「おひさま」で夫婦役を演じていました。

2011年1月に第84回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞。また、2013年1月、映画「かぞくのくに」の演技力が高く評価され、第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞しました。また同賞で助演女優賞も受賞。主演女優賞、助演女優賞のダブル受賞はキネマ旬報ベスト・テン開始以来初めての快挙だとか。

柄本佑と安藤サクラが結婚

2012年3月に俳優の柄本佑さんと結婚されています。

夫である柄本佑さんは映画「美しい夏キリシマ」で主役オーディションを勝ち取りデビューし、第77回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞などを受賞されています。

柄本佑さんの父は柄本明さん、母は角替和枝さんであり安藤サクラさんと同じく芸能一家で、芸能一家同士のカップルとなりました。

2人は「あきた十文字映画祭」で出会い、交際期間3年を経て結婚に至ったそうです。

スポンサーリンク

第39回日本アカデミー賞

第39回日本アカデミー賞の授賞式で、最優秀主演女優賞を映画「百円の恋」の安藤サクラが受賞されました。

ほかに、優秀主演女優賞を受賞したのは、「海街diary」の綾瀬はるかさん、「映画 ビリギャル」の有村架純さん、「あん」の樹木希林さん、「母と暮せば」の吉永小百合さんの4名。

           有村架純の熱愛彼氏は誰?キス写真の流出も?福士蒼汰?岡本圭人?

安藤サクラさんは「百円の恋」の撮影にあたり、過酷な役作りや肉体改造に挑んでいます。

本作は不器用な女のラブストーリーにして、どん底の生活を送っていた32歳の女が、中年ボクサーと出会い、ボクシングを通して成長していく筋金入りのボクシング映画でもあります。

ボクシング指導者でもある松浦慎一郎さんから直接指導を受け、ボクシング関係者の方に「しょせん女優さんがやるボクシングでしょ」というふうに思われたくない一心で「全部排泄してでもやってやるぞ!」と思いながら撮影に挑んだそうです。

3ヶ月間泣きながらボクシングの練習に挑んだ結果、世界戦のレフリーをやられている方から「プロテストを受けないか」と言われるほどの驚くほどの成長を見せたのだとか。

安藤サクラさんは、本作「百円の恋」の受賞にあたって、「思い出されるのは、クチコミでたくさん上映していただける映画館が増えていって、国内海外含めて、いろんなところへ舞台挨拶へ行ったこと」と語りました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画「百円の恋」は2014年12月に公開され、日本映画スプラッシュ部門・作品賞など数々の映画賞に輝き、異例のロングラン・ヒット作品。

第39回日本アカデミー賞でも、最優秀主演女優賞と最優秀脚本賞も受賞して2冠を達成しました。

この作品がここまで評価されたのも、泣きながらもボクシングに挑み続けた安藤サクラさんの努力があってこそのものだと思います。

これからの活躍にもますます期待ですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加