「ニューダンガンロンパV3」攻略感想~第3章(非)日常編

PS4ゲーム「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」の攻略感想。ネタバレも含みますのでご注意ください。

今回は第3章(非)日常編です。

スポンサードリンク

第3章(非)日常編

超高校級の「暗殺者」であることが明らかになった春川魔姫。彼女の研究室も保育士のものとは程遠く、あらゆる物騒な武器が揃っていました。そんな彼女を危険視した一同は彼女を遠ざけようとしますが、百田解斗だけはそんな彼女を説得して仲間に迎え入れようとします。赤松楓がいなくなった今、彼のリーダーシップは貴重ですね。彼もいなくなると、他にみんなをまとめられるような存在はいないのでどんどん空気が悪くなっていきそう。

さて、今回も学級裁判を乗り切ったことでご褒美として「ゴールデンハンマー」「魔法の鍵」「伊賀の巻物」をもらいます。これで新しい区画が開放されて使える研究室も増えてきました。ちなみにモノクマーズがモノクマに対し反乱を起こし、それ以降モノクマが自失状態になります。まぁ、演技でしょうけど。

夜になり、日課の百田解斗との筋トレに向かうとそこには春川魔姫の姿が。デタラメな勧誘でしたが、最原終一と同じく春川魔姫もなにか感じ入るものがあったらしく今後は3人で筋トレをすることに。これ以降、今までろくに絡みもなかった春川魔姫ですが、少しずつ会話をするようになっていきます。

いい雰囲気の中翌朝、食堂に向かうと何やら様子がおかしい。話を聞いてみると、どうやらキーボや白銀つむぎ、茶柱転子までが神様を崇拝し夜長アンジーを崇めている様子。これは洗脳が拡大している…。彼女たちは生徒会というのを組織し、外に出ることは諦めるよう強要してきます。モノクマーズが新たに持ってきた記憶を蘇らせる装置も「自分たちの世界は学園内のみで外の世界は関係ないから」と言い破壊してしまいます。さすがに行き過ぎた行動に、普段なら真っ先に反論してくるだろう百田解斗の方を見ると何やら体調が優れない様子。本人は大丈夫とはいますが明らかに辛そう。

スポンサーリンク

夜になり筋トレの時間になると春川魔姫が訪問してきます。どうやら百田解斗の体調が優れないので今回は欠席し、2人でやるように言われたと伝えにきた様子。本格的に体調が優れないらしいです。百田解斗のことを心配しつつも2人で筋トレを行うことに。春川魔姫とも少しずつお互いのことを話すようになりつつも、先に筋トレを終えた春川魔姫が帰ろうとすると途中で生徒会の面々に呼び止められます。これ以上の問題を起こさせないためにも、今後は生徒会が夜時間以降の外出を禁止すると一方的な宣告。独裁じみてきました。

翌朝、モノクマーズの呼び出しで体育館に向かうことに。そこでモノクマーズからすでに死亡した赤松楓、天海蘭太郎、東条斬美、星竜馬の4人のうち1人を生き返らせて転校生として迎えると言い渡されます。なんだかますます現実離れしてきましたね。前回2章のラストでゴン太が言っていた「星の位置がおかしい」ことや、今回の「死者を生き返らせる」ことといい、まさか前作と同じで電脳世界でしたってオチなんでしょうか。さすがに同じオチはないでしょう…。誰を生き返らせるかは生徒会が決めると一方的に言い渡し解散する流れに。

夜になり今回も百田解斗の体調が優れないので2人で筋トレをすることに。筋トレの場所に向かうと、そこには生徒会の一員である茶柱転子が。しかし話を聞いてみると、実は彼女は洗脳なんかされておらず、夢野秘密子のことが心配で洗脳された振りをして生徒会に潜入していたのだそう。しかしさすがに夜長アンジーの行き過ぎた行動を見かねて、彼女を説得してほしいと頼まれます。早速夜長アンジーの研究室に向かう3人。するとそこには亡くなった4人とそっくりの蝋人形が。普段の言動から怪しかったのですが、どうやら本当に超高校級の「美術部」ではあるようですね。しかし説得には失敗し、この場は退くことに。

翌日、今度は百田解斗も交えて説得を試みることに。どうやら百田解斗の最近の体調不良は幽霊関係の話が苦手だったかららしい。これ以上この話題を引っ張り続けられたら適わないと勢い込んで夜長アンジーの研究室に向かうも、施錠されて中に入ることは出来ず。その場に居合わせた夢野秘密子の話に違和感を感じた最原終一は、どこからともなく現れた王馬小吉にピッキングを頼み踏み入ることに。そしてそこで見かけたのは夜長アンジーの遺体でした。そして流れる死体発見アナウンス…。

「ニューダンガンロンパV3」攻略感想~第2章非日常編

「ニューダンガンロンパV3」攻略感想~第3章非日常編

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加