「ニューダンガンロンパV3」攻略感想~第3章非日常編

PS4ゲーム「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」の攻略感想。ネタバレも含みますのでご注意ください。

今回は第3章非日常編です。

スポンサードリンク

第3章非日常編

夜長アンジーの遺体が見つかり、犯人を捜すために捜査が始まります。すると真宮寺是清が、降霊術を行い夜長アンジーの霊を呼び寄せて、直接本人から犯人が誰かを述べてもらおうと言い出します。突然の荒唐無稽の発言に、最原終一をはじめ反対の声が上がりますが、これが自分の捜査のやり方だといわれ何も言い返せなくなります。しかし降霊術を行うには自分含め5人が必要とのことなので、夜長アンジーの死にひどく動揺している夢野秘密子、そんな夢野秘密子を案じる茶柱転子、面白そうだという理由で王馬小吉、最後に人数あわせでキーボが参加することに(キーボは途中で最原終一と交代に)。

降霊術のやり方を頭に叩き込んでいる真宮寺是清はさくさくと準備を進め、霊との通信役を茶柱転子にして、部屋を真っ暗にし、霊を呼び寄せるための歌を歌いだします。歌の途中、何やら変な物音がしたものの無事に歌い終え、真宮寺是清が、通信役である茶柱転子に声をかけますが何の返事もありません。儀式は失敗したのかと一旦ろうそくの火をつけてみると、そこにはなんと既に息絶えている茶柱転子の姿が。捜査時間中に新たに事件が起こってしまいました。

さて、今回の事件の犯人は両方とも真宮寺是清でした。今回の事件は結構簡単でしたね。前回の事件が難しかっただけに余計にそう感じたのかも。それにしても、今回の事件は過去作の影響を結構受けてますね。刀の金粉とか暗闇からの事件とか。

スポンサーリンク

彼の犯行の動機は、既に死亡している愛してやまない自身の姉の友達をたくさん作るため。既に死んでいる姉の友達だから、当然その友達も死人でなければならない。だから今回の犯行に及んだとのこと。彼にとって今回の犯行は脱出のためだけではなかったんですね。しかし敢えてリスクを犯す気はなく、彼も当初は2回も犯行を起こす気はなかった様子。最初の犯行である夜長アンジーの件は、彼にとっても完全に予想外だったらしいですね。当初の予定であった降霊術を利用した犯行を犯すための下準備をしていたところを夜長アンジーに見つかってしまい、突発的に起こした犯行でした。入念に準備したであろう2回目の犯行よりも1回目の犯行のほうが難しかったような気がしますが、他の方はどうなんでしょうね。

今回のオシオキは熱湯に入れられたことによるショック死かな。ですが、既に覚悟を決めていた真宮寺是清にとって死は問題ではありません(結構動揺しているように見えましたが)。しかしオシオキはこれだけでは終わりませんでした。死んだことにより魂となった真宮寺是清は、やっと愛する姉と再会することが出来たのですが、その直後にモノクマが現れて真宮寺是清に塩を振り掛けました。苦悶する彼に対して、愛する姉までもいつの間にかモノクマと一緒になって真宮寺是清に塩をふりかけ、遂に苦悶の表情を浮かべながら彼だけ成仏してしまいました。

3回目の学級裁判も無事に乗り越え、その帰り道、最原終一は百田解斗の顔色が優れないことに気づきます。気遣う彼に対して百田解斗は問題ないと笑顔で答え、その言葉に最原終一も安心して自室に戻ります。しかしやはり体調は優れない様子で、1人になった途端に吐血をします。最近の体調不良は、苦手な幽霊の話が原因ではなかったのでしょうか。いったい彼に何が起こっているのでしょう…。

「ニューダンガンロンパV3」攻略感想~第3章(非)日常編

「ニューダンガンロンパV3」攻略感想~第4章(非)日常編

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加