プリズン・ブレイクの俳優・ドミニク・パーセルが新作撮影中に頭部を100針縫う大怪我!

Dominic Purcell

人気海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の主人公の兄リンカーン・バローズ役で知られる俳優ドミニク・パーセルさん。

そのドミニク・パーセルさんが、モロッコで「プリズン・ブレイク」の新作の撮影中にひどい重傷を負い、飛行機で病院に搬送されたことが明らかになりました。

ドミニク・パーセルさんは落ちてきた鉄の棒にぶつかり、鼻の2か所を骨折、頭部を100針縫うけがを負ったが、一命を取りとめ、不幸中の幸いだったと認めています。

今回はそんなドミニク・パーセルさんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

1970年2月17日生まれ、身長188cm。代表作:プリズンブレイク、キラー・エリート、脱獄者、わらの犬、リベリオン。ノルウェー人の父親とアイルランド人の母親の間に生まれ、出身はイングランドですがオーストラリアで育てられ、2000年にアメリカの永住権を取得しています。

妻と4人の子供と共にロサンゼルスに在住する。拠点をアメリカに移す。2007年に妻と離婚しています。

その後、2011年に、「新ビバリーヒルズ青春白書」のナオミ役で知られる女優アナリン・マコードと交際をスタートさせましたが三年後の2014年12月に破局してしまいました。しかし、ドミニクに皮膚がんが発覚したことがきっかけで1年後に復縁していました。

モロッコでの事故の全文

ドミニク・パーセルさんはモロッコでの負傷した自らの顔写真をインスタグラムにアップしており、以下のようにコメントしています。

「無事です。……撮影現場でちょっとした事故に遭いました。ははは! なるべく早く仕事に戻らなきゃだな。鉄の棒が降ってきたときに、頑丈な頭蓋骨を持っていて損することはないな!! かなりひどくいっちゃってて、鼻の骨も2か所折れたよ。ははは。おかげで鼻の美容整形をただでしちゃったぜ……今生きていることにぞくぞくしている。万事問題なしだ。落ち着いてきた。そういえば、膝をついたけど何ともなかった。医者が言うには、尋常じゃなく強い結合組織を持っているらしくて、そのおかげで救われたんだそうだ。バイキングの祖先には感謝しなきゃだな、ははは!!!!」

スポンサーリンク

プリズンブレイクの続編について

ドミニク・パーセルさんが撮影していた「プリズン・ブレイク」の新作。「プリズン・ブレイク」とは世界各国で放映されているサスペンスドラマで、アメリカでの本放送は2005年8月29日に開始し以降シーズン4まで放送し、2009年5月24日に放送されたファイナル・ブレイクで完結しました。現在は2017年初旬に9話構成の新シリーズが放送予定。

今までに放送された各シーズンのあらすじを振り返ってみようと思います。

シーズン1

副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けたリンカーン・バローズ。主人公マイケル・スコフィールドは兄リンカーンの無実を信じ、刑執行から救い出すために綿密な計画を備え、自身の体に刑務所の設計図を模したタトゥーをいれる。

銀行強盗を犯し、目論見通り実刑が確定したマイケルは、リンカーンが収容され、また自身が設計に携わった重警備のフォックスリバー刑務所への収監を希望。兄弟での脱獄を企てる。

シーズン2

フォックスリバー刑務所から8人の囚人が脱獄した。「フォックスリバー8」と呼ばれる彼らはそれぞれ愛する者のため、また己の欲のため、逃亡を続ける。

その一方ではFBIが動き出していた。アレクサンダー・マホーン捜査官はその天才的な頭脳を駆使し、着実に逃亡者たちを追い詰めていく。更に彼の裏でマイケルら兄弟を始末すべく、組織が暗躍する。

シーズン3

パナマのSONA刑務所に収監されたマイケル。そこには一年前の暴動以来看守が存在しておらず、軍がその周囲を包囲しているだけの荒廃した刑務所だった。極悪人のはびこるその刑務所から生きて出られたものは誰一人とて存在していない。入ったら最後、生きて出ることは不可能と言われていた。

収監されたマイケルはカンパニーに「ジェームズ・ウィスラー」なる囚人を連れて脱獄するよう命令を受ける。期間は一週間。それまでに脱獄しなければ人質の身とされたLJとサラを殺すと脅されてしまう。

シーズン4(ファイナル・シーズン)

物語の前半では、ホームランドセキュリティのエージェント、ドンセルフの指示の下、マイケルらは、カンパニーから「スキュラ(Scylla)」と呼ばれるデータカードを奪うため、カンパニー幹部メンバーが持つデータカードをひとつずつ盗んでいく。スキュラの獲得成功後、ドンセルフが、スキュラを売るためにマイケル達を利用していたことが判明。スキュラを失ったカンパニーは、脳の病気を患っていたマイケルを治療する代わりに、リンカーン達にスキュラの奪還を命じた。スキュラを巡る争いには、以前カンパニーのメンバーだったマイケル達の母親がカンパニーの敵として登場。争いの中、スキュラは、再生可能なエネルギー技術のデータであることが分かる。最後にマイケル達は、スキュラの奪還に成功し、カンパニーや母親に渡すことなく、全員無罪放免となることとなる。4年後、死去したマイケルの墓を仲間たちが訪れたところで物語は幕を閉じる。

ファイナル・ブレイク

ファイナル・シーズンのラストシーンでの空白の4年間を描く。スキュラ奪還計画が終了し、自由を得たマイケル達。そこでマイケルとサラが結婚式を挙げる。みんなで宴を楽しんでいる最中、突然警察によってサラがクリスティーナを殺害した容疑で拘束されてしまう。女子刑務所内でサラが命を狙われていると知ったマイケルは命がけでサラを救出する為の最後の脱獄計画を練るが、マイケルもまた病魔に侵されていた。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「プリズン・ブレイク」の新作の撮影中に事故にあったドミニク・パーセルさん。鼻の2か所を骨折、頭部を100針縫う怪我を負ったものの、命に別状はなくてなによりです。

彼女のアナリン・マコードも事故発生後すぐにドミニク・パーセルのもとへ駆けつけ、介抱してくれたとのこと。ドミニク・パーセルさんはコメントで「現場でとんでもない事故が起きて、その場にいてくれて本当にありがとう。彼女は狂ったようにママモードになって、医者クリスチャン・ノースラップと一緒に適切な処置をしてくれた。」と語っており、2人の仲の良さを窺わせますね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加