フラジャイル(ドラマ)最終回あらすじと感想~最後の敵はアミノ製薬!

a1380_000248

ドラマ「フラジャイル」の最終回が放送されましたね。

病理医といった医療ドラマとしては珍しい分野にスポットを当てた作品でしたが、臨床医とはまた違った視点の物語を楽しむことが出来ました。

最終回では、宮崎智尋(武井咲)の幼なじみである松田幸司(小出恵介)が、癌であることが判明し、外科手術では摘出不可能。それでも諦めることが出来ない松田幸司は、アミノ製薬が開発した抗がん剤AM105に一縷の望みを託すことになりました。

しかし、このAM105は副作用がない夢の新薬と謳っておきながら、AM105の副作用と思われる死亡例を出していたのでした。

その報告を聞いた火箱直美(松井玲奈)の上司、間瀬辰人(髙嶋政宏)は「そのような症例1つで台無しにされてたまるか」と、報告書を改竄して隠蔽する様子。

果たして松田幸司は無事に癌を克服することが出来るのでしょうか。

スポンサードリンク

あらすじ

アミノ製薬の火箱直美(松井玲奈)から新薬AM105の治験への協力を頼まれた岸京一郎(長瀬智也)は、意外にもあっさりと承諾。早速、火箱はAM105を直接、使用することになる患者、松田幸司(小出恵介)の病室に持ち込む。松田の担当医、稲垣大道(平山祐介)と宮崎智尋(武井咲)もいた。その時、火箱と話の合う松田の様子に、宮崎は2人を友人にさせようとする。
一方、岸は火箱から預かったAM105の症例報告書を精査していた。すると、気になる箇所が見つかる。それは新東京医療センターでの症例だった。患者は薬によって腫瘍が消えたことになっていたが、退院後は受診していない。岸は細木まどか(小雪)から森井久志(野村周平)がこの病院で働いていることを聞いていた。帰り際の森井を待った岸は、患者の情報を教えて欲しいと頼む。
中熊薫(北大路欣也)は、アミノ製薬が怪しいことをしていると岸に忠告。岸は火箱を呼んで、症例報告書が改ざんされているのではないかと問いただす。しかし、火箱は否定。すると、岸は森井に調べてもらった患者の件を火箱に伝える。新東京医療センターで治験を受けて退院した患者は、2日後に多臓器不全で亡くなっていたのだ。傍らで話を聞いていた宮崎は、AM105の副作用を疑う。信じがたい火箱だが、治験情報の全てを把握してはいない。真相を知っているのは部長の間瀬辰人(髙嶋政宏)だけだ。火箱は患者が本当に亡くなったのか確かめると飛び出した。

スポンサーリンク

感想

まさかの岸京一郎(長瀬智也)の大立ち周りにスカッとしました

前回の話のラストで岸が報告書を読んで違和感を感じた点は、AM105で症例が回復して退院しながらも、その後一度も経過観察のために通院しなかったことだったんですね。

その患者さんは森井久志(野村周平)が勤める病院の救急外来に運ばれてきた患者さんで、その現場に森井君も立ち会っていましたね。その患者さんはAM105の副作用と疑われる急性膵炎で死亡しました。

火箱直美(松井玲奈)もその事実は知らなかったようで、上司の間瀬辰人(髙嶋政宏)を問い詰めますが、間瀬は報告書を偽造しようがとにかくAM105を通す様子。火箱は火箱で、AM105の副作用で患者が死亡するのを避けるためでなく、AM105が承認されなくなることを避けたい様子。ちなみに松田幸司(小出恵介)の担当医は小早川洋行(安田章大)の担当医でもあった熱血医師、稲垣大道(平山祐介)だったんですね。

AM105には死のリスクことがあることが分かりながらも松田幸司(小出恵介)は治験を辞退しませんでしたが、癌は縮小しながらも急性膵炎を発症し、死に至りました。

物語自体はハッピーエンドっぽく締められてましたが、松田の気持ちを考えると何ともいえない気持ちになりますね。宮崎智尋(武井咲)が松田の剖検を担当したのも、なんとしてもAM105の副作用を究明し松田の無念を晴らすためだったんでしょうか。

間瀬は岸の下へ乗り込み、松田の死後、関係者を説得して剖検し膵臓のブロックを提供してくれないかと言います。これは分かります。副作用の究明のためにサンプルは必要ですし。でも、報告書の改ざんを要求し断られたら治験のサンプルからはずすのはひどすぎます。

後日、勉強会にて中熊薫(北大路欣也)に変わって岸が壇上に上がり、水戸黄門よろしくアミノ製薬の悪事を暴いたところはスカッとしました。ただ、その後は何事もなく勉強会も終わり間瀬も帰っていきましたが、普通はもっと騒ぎになりますよね。

壇上の岸を見て、森井君も本当になりたかった自分が分かった様子。自分が本当になりたかったのは医者ではなかったと気づいた森井君は岸にその旨を訴えますが、照れがあるのか言いよどむ森井君の言葉を遮って、岸が「君が必要だ、戻ってきてくれないか」と言ってくれたのは嬉しかったですね。(今まで変わりに頑張ってくれてた検査技師の方は思いっきり振り回されてましたが)

そしていつもの病理のメンバーに戻って以前の日々を取り戻したところで物語りは終わりました。最後の言葉は岸のキメ台詞「君が医者でいる限り、僕の言葉は絶対だ」

フラジャイル(ドラマ)第9話あらすじと感想~AM105は夢の抗がん剤?

フラジャイル(ドラマ)の総評 新しい医療ドラマの可能性

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加