フラジャイル(ドラマ)第1話あらすじと感想~フラジャイルの意味は?

a0070_000121

2016年1月から放送が始まったフジテレビの「フラジャイル」

医療ドラマとしては異色の病理医にスポットを当てた作品になります。

一口に医者といってもいろいろあって、通常医者と言えば、患者さんを直に診て症状を診断し手術をするイメージがありますが、そういった医者は臨床医と言うそうです。

病理医とは生検や病理解剖を行って、病気の原因・過程を診断する専門の医者のことを言います。

よって、今ドラマは患者さんを直接診ることはなく、専ら顕微鏡を覗き込むシーンが多くなります。あまり表に出てくることはない、決して見栄えのするものではない病理医をこの「フラジャイル」ではどのように魅せてくれるのか。

1話が放送されたので早速振り返りながら感想を書いていこうと思います。

スポンサードリンク

そもそも「フラジャイル」とは

ドラマのタイトルでもある「フラジャイル」。

この単語はどういった意味なのでしょうか。

スペルはfragile、意味は「壊れやすい・もろい・かよわい・はかない」などがあるそうです。

病理医の判断によって患者さんの今後の治療方針が決まってしまう責任重大な仕事。

もし間違った診断をしてしまえば患者さんは取り返しのつかない事態になってしまうかもしれない。

そんな「壊れやすい、はかない」相手をしていく病理医の責任の大きさ、プレッシャーをあらわしているのでしょうか。

対立する病理医と臨床医

本作ではとにかく臨床医と病理医は対立します。

1話では早速、呼吸器内科医師の藤原守(手塚とおる)と対立していました。

本作「フラジャイル」では病理医にスポットを当てている作品だからでしょうが、臨床医がとにかく適当な診断ばかりしており、それに対して病理医である岸京一郎(長瀬智也)が立ち向かっていく流れになります。

作品の流れ上仕方ないのでしょうが、実際の病院でコストがどうとか言いながら適当な診断をされないか怖くなっちゃいますよね。

今回も脳梗塞(ウィリス動脈輪閉塞症)を椎間板変性と誤診していたり、線維形成性小円形細胞腫瘍を肺炎だと誤診したりしています。どちらも命に関わる症状です。

宮崎智尋との出会い

新人研修医で臨床医である宮崎智尋(武井咲)は、先ほど挙げた椎間板変性と診断された結果に疑問を持ちます。

              武井咲ヤンキーは本当?EXILEとのスキャンダルで激太り!?

しかし診断したのが先輩の医師であったことや、カンファレンスでとても異議を唱えられる雰囲気でないことにより押し黙ってしまいます。

そんな中、病理医である岸京一郎がたいした診断もせずに決め付けるのはおかしいと食って掛かりMRIを取り付けます。

カンファレンス後、宮崎が診断結果を疑ってるのは自分と2人だけなので患者を診てくれと頼み込むが、病理医である岸は当然断ります。

しかしその後、あくまで臨床医ではなく病理医として患者が脳梗塞(ウィリス動脈輪閉塞症)だと突き止めた岸を追いかける形で岸の下で働くことを希望します。

スポンサーリンク

岸からのテスト

最初は断っていた岸でしたが、どうしてもと頼み込む宮崎に根負けしたのか1つの検体を渡して疾患名を特定しろと課題を出します。

夜遅くまで顕微鏡と向かい合い疾患を特定しようとした宮崎でしたが、2つまでは絞りきれてもその2つの内どちらが正しいのか最後までわかりませんでした。

そのことを岸に話し、諦めようとした宮崎でしたが岸は合格だと言い渡します。

渡した検体では2つの内どちらが正しいのかは分からない。分からないのにどちらか決め付けるのは丁半博打でしかない。調べた結果判断できないのであれば診断結果は「分からない」でいいと言う。

そのことを正しく判断できた宮崎を岸も認めて、自分の下で働くことを認めました。

頼れる検査技師森井久志

また、岸の下で宮崎が来るまではただ1人一緒に働いていた検査技師である森井久志(野村周平)。

通常、舞台の病院の規模であれば5人の検査技師が居ないといけないのを1人でまわしています。

医師たちも気後れして岸に対して強くものを言い切れない中、森井は容赦なくズバズバと言い切ります。

でも岸が動きやすくなるように、何も言わなくても必要なものをしっかりと準備をしていたりして頼れるパートナーといった感じでした。

宮崎がどうして検査技師になったのか?と質問したのに対して「手に職をつれば食いっぱぐれがないから」と言ってましたがなにやら含むところがある様子。そこのところについても今後明らかになっていくのでしょうか。

              野村周平の様々な特技を紹介!水原希子との関係は?画像あり

まとめ

いかがでしたでしょうか。

医療ドラマとしては異色の病理医をメインに据えた作品。

キャストも豪華で演技もとても素晴らしかったです。

今後どういった展開になるのかわくわくしますね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加