フラジャイル(ドラマ)第6話あらすじと感想~篠井英介演じる医者がヤブすぎる!

a1620_000592

ドラマ「フラジャイル」の6話が放送されましたね。

いつものより長いな、と思ったら15分の拡大放送だったんですね。

今回のお話は、なんと宮崎が他の病院へ殴りこみに行く話で楽しみです。

宮崎はどんどん行動がアグレッシブになっていきますね。

岸に影響されているのかな。

今回のゲストである篠井英介さんの演技もとても良かったです。

一目で「あ、この人はろくな医者じゃないな」と思わせられました。

言葉だけでなく、表情や仕草からも上手に伝えられていたと思います。

それでは、「フラジャイル」6話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

壮望会第一総合病院、病理診断科はその存続のため、セカンドオピニオンなどに対応する診療相談外来を受け持つことになる。医師の岸京一郎(長瀬智也)と宮崎智尋(武井咲)が担当するのだが、初日から雲行きが怪しい。患者と会わなくて良いので病理医となったと自ら口にする岸に我慢出来るかどうかは疑わしい。森井久志(野村周平)は1日ぐらい大丈夫だろうと予想するが、細木まどか(小雪)は半日も持たないと断言する。

案の定、岸は間も無く病理診断科に戻ってきてしまった。相談外来を提案した中熊薫(北大路欣也)と佐田直人(津田寛治)も呆れてしまう。何より、迷惑なのは1人で相談外来を任されてしまった宮崎だった。

その宮崎のもとに、須藤由美(赤間麻里子)が娘の玲奈(村上穂乃佳)を連れてやって来た。玲奈の薬が何度も変わることに不安を覚える由美だが、宮崎には治療も薬の処方も妥当に思える。と、そこに中熊が現れ、すぐに玲奈の状況を的確に当てた。感心する宮崎に、中熊は自分なりの患者の診かたを見つければ良いと助言する。

 翌日、宮崎1人の相談外来に紹介状なしで、梅木みゆき(山崎絋菜)が訪ねて来た。みゆきは、急病で入院した息子の診断が次々変わるので、どうしたら良いかわからないと宮崎に訴える。宮崎は担当医の紹介状をもらってきて欲しいと伝えた。

みゆきは、早速、息子の担当医、奈良井(篠井英介)に紹介状を頼む。しかし、奈良井の表情は曇って…。

スポンサーリンク

感想

この医者(奈良井)ヤブ医者じゃないんでしょうか・・・。

いくらなんでもひどすぎます。

赤ちゃんの肺が耐えられないって言うから、保護者である梅木みゆきが人工肺に切り替える同意書にサインしたのに直前になって呼吸が改善したり(なぜいきなり改善したのでしょうか)

今度は免疫不全だからと、いきなり骨髄移植を提案してきて、また同意書を書かせようとする。

普通骨髄移植なんて、他のあらゆる手を尽くしても駄目だった場合に取る手段ではないでしょうか。それをちょっとしたサプリメントを出す感覚で同意書を出してきたのには驚きました。

結論から言うと、この赤ちゃんの諸症状は「栄養失調」によるものでしたがどうしてその程度のことも見抜けなかったのでしょうか。

この赤ちゃんは栄養失調のせいで、人工肺を取り付けられろうになったり、骨髄移植をされそうになりました。とんでもないですね。

また以前のように、片方を良く見せるためにもう片方を徹底的に落とすスタンスに戻ってしまいました・・・。

前回、前々回とそういう傾向はなくなっていたので改善されたのかな?と思っていたのですが。

あと、宮崎の行動もいくらなんでも大胆になりすぎです。

いくら保護者の同意を得ているからと言っても、他の病院に忍び込んで採血するだけでだなく、赤ちゃんごと攫うのはいくらなんでもやりすぎでしょう・・・。

よく警察沙汰になりませんでしたね。

この作品「フラジャイル」は、「病理医」という臨床医とは違った地味な科を舞台にしていたはずなのですが。

今回のような大立回りをしなくても、視聴者を惹きつける「病理医」らしい演出をしてもらいたいです。

作中でも何回か「自分なりの病理医」と言ってましたが、宮崎のやっていることは病理医らしさからはかけ離れているように感じました。

・・・愚痴っぽくなってしまいましたね。すいません。

でも、それだけに私の中では今回の話は衝撃的でした。

次回は岸の中熊教授とは別のもう1人の「先生」である、ベテラン医の高柴善太郎(志賀廣太郎 )さんにスポットが当たるようですね。

次回の放送も楽しみです。

そういえば、森井は医学部の赤本を買いに本屋へ寄ってましたが、やっぱり医者になるのでしょうか。

前回で小早川洋行(安田章大)が、「今からでも医者になろうと思えば遅くないと思うよ。それでもここにいるってことは今の職場が気に入ってるのでは?」と言っていただけに、少し切なくなってしまいました。

まだ森井の中では、今の自分と医者になる自分の間で揺れ動いているのかな?

この辺りのことも今後明らかになっていくのでしょうか。

       フラジャイル(ドラマ)第5話あらすじと感想~安田章大演じる末期がん患者 

                フラジャイル(ドラマ)第7話あらすじと感想~患者の命よりプライドが大事?    

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加