フラジャイル(ドラマ)第7話あらすじと感想~患者の命よりプライドが大事?

a0002_008307

ドラマ「フラジャイル」の7話が放送されましたね。

今回は、前回のラストにも少し登場した志賀廣太郎さんが出演されていました。

自分の理想とする姿と現実のギャップに苦悩する演技がとても上手く出来ていたと思います。

副院長を演じている中丸新将さんも、一目で悪役だとわかるいい演技でした。

この作品は、対立する相手はどうしても「いかにも性格の悪い嫌なやつ」になってしまうようですね。

それでは、「フラジャイル」7話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

岸京一郎(長瀬智也)は、かつて世話になった定年間近の放射線診断医、高柴善太郎(志賀廣太郎)に宮崎智尋(武井咲)を預ける。岸はその件を宮崎本人には伝えなかった。
呼吸器外科のカンファレンスに1人で出向いた宮崎は、医師の診療方針に意見する高柴と出会う。岸とは正反対の低姿勢で発言し、医師にさらなる検査を納得させる高柴に宮崎は注目。そんな宮崎を高柴は放射線診断科に招待して仕事を説明する。
一方、岸は佐田直人(津田寛治)に引っ張られ経営会議に出席。佐田は病院理事長(志賀圭二郎)に病理の診療相談外来の開設を褒められるが、人員整理を含めたさらなる経費削減を求められる。

その夜、宮崎が森井久志(野村周平)、火箱直美(松井玲奈)と出かけた居酒屋に佐田がいた。そして、宮崎は高柴が佐田の指導医だったことを知る。
宮崎は高柴と消化器外科のカンファレンスで顔を合わす。細木まどか(小雪)もいた。細木が胃がんを発見した患者、北山奈央(ハマカワフミエ)の診療方針が議題だからだ。奈央を担当した副院長でもある岡崎(中丸新将)は、早期胃がんだったためESD(内視鏡治療)を行ったと説明。しかし、肝臓への転移が疑われるため、化学療法後の切除をする方針だと言う。高柴や細木、そして宮崎も再検査を求めるが、岡崎は応じない。その様子を岸が見ていた。
岡崎は奈央の化学療法を始める。だが、奈央の肝臓のがんと思われる病巣は、大きくなっていた。

スポンサーリンク

感想

相変わらず「フラジャイル」の世界はヤブ医者が多いですね。

今回の犠牲者はハマカワフミエさん演じる北山奈央。

ブライダルチェックのつもりで婦人科形の検査をしたら胃がんが見つかり、碌な検査もせずに化学療法を開始。、病巣が縮小するどころか転移した肝臓の病巣は広がり、挙げ句の果てには腹膜炎を併発し患者は腹痛に悶え苦しむはめになりました。

この患者さんは癌ではなくて、アメーバ赤痢でした。

そういえば冒頭でアフリカに戻るとか言ってましたね。

この病院は、放射線診断医である高柴善太郎(志賀廣太郎)が診断書に書いてものも読まないそうですね。

病理医や診断医は臨床医からは低く見られており、そんな相手から指摘されたことを聞くのは自身のプライドが許さないのでしょうか。

今回の北山奈央の場合も、宮崎智尋(武井咲)や細木まどか(小雪)が再三言っていたように、ちゃちゃっと検査を済ませていれば起きなかった事態ですよね。

岸京一郎(長瀬智也)が「自分のミスを認めない医者なんて五万といるからね」と言っていましたが、そういう医者ばかりでないことを祈ります。

そういえば以前にも細木まどかが、「医者は結構間違った診断をするけど患者はそれに気づかない」と言っていましたね。恐ろしいです。

それにしてもどうして病理医はそこまで低く見られているんですかね。

いくら直接的な利益を生み出さないとしても、間違っても給料泥棒なんかではなく、きちんと自分の役割を果たしていて病院にも貢献しているのに。

今回出演された放射線診断医の高柴善太郎もそうです。CTによる画像診断の向上で多くの患者さんを救ってきたのに真っ先に人員整理の候補に上がってました。この病院には誤診を出す医者が大勢いいるのに。

そんなに病院の経営って利益を確保するのが難しいのでしょうか。

結局、高柴善太郎は病院を辞めてしまいますが、その後すぐに画像診断専門で医者を開業しています。

その病院を開業するにあたって中熊教授(北大路欣也)が推薦文を書いたそうですね。

中熊教授は本当頼りになりますね。今回大暴れした副院長の岡崎(中丸新将)も中熊教授には怯えきった様子でしたし。

ただ、同じ病理出身であるのなら、この理不尽なまでの病理医の現状を変えようと思えば変えれると思うのですがどうしてしないのでしょうか。本人も言うとおり、病院の経営には口出しをしないという理由からでしょうか。

あと、火箱直美(松井玲奈)は一体何がしたいんでしょうね。今のところは森井久志(野村周平)のまわりをうろちょろしているだけで一体何がしたいのか分かりません。

雰囲気から、碌でもないことをしでかしそうではありますけど。

次回は「100%の診断」をすると豪語していた岸に診断ミスの疑いが?

次回の放送も気になります。

    フラジャイル(ドラマ)第6話あらすじと感想~篠井英介演じる医者がヤブすぎる!

           フラジャイル(ドラマ)第8話あらすじと感想~インシデント・ヒヤリハットの重要性

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加