フラジャイル(ドラマ)第8話あらすじと感想~インシデント・ヒヤリハットの重要性

a1550_000028

ドラマ「フラジャイル」の8話が放送されましたね。

今回は100%の診断をすると豪語している岸京一郎(長瀬智也)がまさかの誤診!?病理の存続も危なくなるのでは・・・といった話ですね。

直接的な利益をあげない病理は、病院のトップがなにかと潰したがっているのでそんなことがあれば喜んで潰しにかかるでしょう。

果たして本当に岸は誤診をしたのでしょうか。

それでは、「フラジャイル」8話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

岸京一郎(長瀬智也)と宮崎智尋(武井咲)は、医学生に病理医の仕事を学ばせるために温泉旅館で開催された“病理の学校”に参加。中熊薫(北大路欣也)に強制的に連れ出された岸の学生たちへの言葉は辛辣。しかし、そんな岸を出羽カナ(恒松祐里)という学生が見つめていた。
その頃、病理診断科では、森井久志(野村周平)が1人で仕事をしていた。そこに、細木まどか(小雪)の女性外科から複数の検体が送られてくる。森井が作業を始めると、火箱直美(松井玲奈)がやって来た。部外者が部屋に入ったことが岸にバレたら怒られると慌てる森井をからかい、火箱は去るのだが…。
次の日、岸と宮崎が帰ってきた。鋭く部外者が部屋に来たかと問う岸に、森井は何も変わりなかったと答える。岸はそれ以上詮索せず、森井が用意した女性外科の検体を調べる。
岸の病理診断で細木まどかの患者は問題なかったが、同じ女性外科の柳原亮子(森口瑤子)の患者にがんが発見され手術をすることになる。一方、病理診断科に中熊がカナを連れてきた。先日の勉強会でカナは病理に興味を持った様子。案の定、自分は面倒を見ないと無視しようとする岸。しかし、カナは岸に自分から接近していこうとする。

スポンサーリンク

感想

今回は物語冒頭でも語っていたインシデント(ヒヤリハット)でしたね。

岸京一郎(長瀬智也)が誤診をしていたわけでもなく、森井久志(野村周平)が検体の取り違えをしていたわけでもない。

女性外科にて、検体を入れる容器に前もって直接患者の名前を略して書き込んでおり、それに従ってラベルをまとめて貼るやり方をとっていたのですが、似た名前の患者さんが続いたことによりラベルを間違えて貼ってしまったのでした。

相変わらずこの病院は杜撰なやり方をしていますね。岸が誤診をしたとなればここぞとばかりに非難してきたのに、本当は自分の部署のミスだと分かった途端に言い訳のオンパレード。何の問題もない患者の体に傷をつける羽目になったと怒り狂っていたのに、自分のミスだとわかると人間だもの、ミスしてもしょうがないで済ませようとする。

今回の騒動ではマスコミを呼んで会見まで開いていましたが、正直あれ位のミスはあの病院はしょっちゅうやってますよね。誤診は当たり前、間違った投薬で症状悪化、患者の誘拐もしたことがありましたね。まぁ、事を大げさにして確実に病理を潰そうとしたが故の行動でしょうけど。結果は他の部署の問題で病理は存続、今後は確実に患者も減るだろうし収益も減で散々な結果になりましたね。

それにしても相変わらず火箱直美(松井玲奈)が何をしたいのか分かりません。今回も火箱が勝手に病理に上がり込んでこなければ森井も胸を張って自分は間違っていないと言えたでしょうし。体を使って枕営業でもしたいんでしょうか。中熊薫(北大路欣也)にも取り入っている様子ですし。個人的には彼女が疫病神にしか見えなくなりました。

あと、医学生として病理に来た出羽カナ(恒松祐里)の存在意義が全く見いだせませんでした。終始誰かの後ろをついて回って何も喋らず、最後になって岸に一方的に告白してフェードアウト。岸もキョトンとしていましたし、今後も出てくるとも思えません。一体何の意図があってあのような役を組み込んだのでしょうか。

次回はいよいよ火箱の目的が明らかになるのかな。一営業とは思えない大層な発言をしていたような気がしますがどうなんでしょう。

次回の放送も気になります。

      フラジャイル(ドラマ)第7話あらすじと感想~患者の命よりプライドが大事?

                           フラジャイル(ドラマ)第9話あらすじと感想~AM105は夢の抗がん剤?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加