フラジャイル(ドラマ)第9話あらすじと感想~AM105は夢の抗がん剤?

a1620_000032

ドラマ「フラジャイル」の9話が放送されましたね。

前回、医師になる夢が諦められない森井久志(野村周平)が、岸京一郎(長瀬智也)に対して病理を辞めることを言い渡してましたが本当に辞めてしまうのでしょうか。正直、あの病理は森井君がいて初めて成り立っているような気がしますが大丈夫なのでしょうか。

そして陰で動き回っている火箱直美(松井玲奈)も今回の話で真意がつかめるのでしょうか。前回のラストでは中熊薫(北大路欣也)に接触してなにやら取り入ろうとしている様子でした。中熊教授は表向きはおちゃらけていますが、公私は分ける人格者だと思っていますので枕営業なんかにはのるとは思えませんがどうなのでしょう。

それでは、「フラジャイル」9話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

岸京一郎(長瀬智也)は、宮崎智尋(武井咲)を助手に剖検(遺体を解剖して病気などを詳しく調べること)を実施。今回は細木まどか(小雪)が担当していた患者だった。作業を進めながら、岸は宮崎に剖検の意味を尋ねる。死因の解明と予期せぬ病変の発見と答える宮崎に、岸は未来の誰かの命のためだと付け加えた。
一方、アミノ製薬の火箱直美(松井玲奈)は自社が開発した抗がん剤の治験協力を得ようと中熊薫(北大路欣也)に会っていた。抗がん剤AM105の効能を熱く語る火箱だが、中熊にはあっさりと断られてしまう。その頃、火箱の上司、間瀬辰人(髙嶋政宏)は料亭で会社に協力的な医師を接待。AM105の治験を頼む間瀬に、その医師は協力を表明する。

いつものように病理診断科の朝が始まるが、いつもとは違う。技師の森井久志(野村周平)が岸と半ば仲違いしたまま、辞めてしまったからだ。新たな技師も来たのだが、もともと5人分とも言われる仕事量をテキパキとこなしていた森井には遠く及ばないため、仕事は溜まっていく一方。その頃、森井は新たな病院で技師として働いていた。岸の病理とは違い、残業などをこなさなくても良い条件なので、医師を目指す勉強も進められる。その病院を森井に紹介したのは火箱だった。

そんな時、宮崎の幼馴染、松田幸司(小出恵介)が検査入院。検査の結果、松田は重篤ながんだとわかる。結果を知った松田は自分に効きそうな抗がん剤、AM105を探し出した。

スポンサーリンク

感想

想像以上に火箱直美(松井玲奈)が腹黒かった・・・

火箱直美(松井玲奈)はAM105という対象の組織だけを標的に効果を発揮し、副作用もほとんどないという夢のような抗がん剤の治験を実施してくれる医師の協力を得る為に動き回っていたようです。

既に第Ⅰ相試験は通過し、海外では治験も行っているとのこと。

しかし中熊薫(北大路欣也)は「そのデータが事実なら」素晴らしいと言い火箱直美(松井玲奈)からの要請には取り合いませんでした。

火箱も断られた途端、あっさりと猫を被るのをやめて本性を出しましたね。中熊教授のような権力者にあんな態度を取るなんて特にMRなら考えられませんが。あれで怒りを買って、今まで採用していたアミノ製薬の薬を取り扱わなくすることも中熊教授なら出来るのに。

火箱はAM105は全人類のため、と大層なことを言ってましたが、回想からみるに兄を癌で亡くしているのでしょうか。

でも、AM105は抗がん剤でありながら副作用がほとんどないなんて夢の薬ではなく、やっぱり副作用は存在しました。しかも死に至る重篤なレベルの副作用です。

その報告を受けた火箱の上司、間瀬辰人(髙嶋政宏)は「たった1つの副作用で台無しにされてたまるか」と隠蔽しようとしている様子。彼の考えは何に基づいているのでしょうか。患者の命を思っているのか、AM105が生む利益を求めているのかよく分かりませんでした。

そんな中、宮崎智尋(武井咲)の幼馴染である松田幸司(小出恵介)が腰の痛みを訴えて検査入院することになりました。診断の結果は膵臓癌からの転移性腺癌。外科的手術は不可能で余命は半年だと判明しました。

生きることを諦めない松田幸司は、海外のサイトからAM105の存在を突き止め、これにかけたいと宮崎に訴えます。AM105がアミノ製薬で開発されたことを知った宮崎は火箱に治験の相談をし、岸京一郎(長瀬智也)が担当することを条件に了承します。

岸の了承を得た火箱が1人になった時に呟いた一言「宮崎先生も意外と使えるじゃん」。火箱は陰で動き回ってよく分からないキャラでしたが、こんなにひどい性格のキャラだったんですね・・・。岸はてっきり拒否するのかと思いましたがどうして了承したのでしょうか。宮崎に同情したとか、病理の利益のためだとかは考えにくいですが。

ただAM105は死の副作用がある悪魔の薬でした。どうしても嫌な展開が頭をよぎります。岸も物語のラストで第Ⅰ相試験のデータを見て不審な点を見つけたようです。

話は変わって、森井久志(野村周平)は結局病理を辞めて、残業のない新しい病院に転職したようですね。転職先の病院でも大活躍の様子。

一方、岸たちが勤める病理は1人で5人分働いていた森井が抜けたことでてんてこ舞い。新しい検査技師の方が入りましたがあまりの忙しさに病理としても十分に機能していない様子。新しく入った検査技師の方が仕事が出来ないのではなく、森井が優秀すぎたのでしょうね。

でも、いくらスーパーエースと言われ様が医師と検査技師ではやっぱり社会的地位や待遇は大きな隔たりがあるのも事実。森井ほど優秀なら医師としても十分活躍できるでしょうし複雑な気持ちです。

次回はいよいよ最終回。果たして松田幸司は無事に癌を克服できるのでしょうか。次回の放送も楽しみです。

そういえば、火箱の上司の間瀬辰人が協力的な医師を接待してましたが今はそこのところは禁止されているんですよね。まぁ、プライベートだとかいくらでも言い逃れは出来そうですが。こういうことはやっぱりまだあるのでしょうか。

フラジャイル(ドラマ)第8話あらすじと感想~インシデント・ヒヤリハットの重要性 

フラジャイル(ドラマ)最終回あらすじと感想~最後の敵はアミノ製薬!       

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加