「ゴッドイーターリザレクション(GER)」攻略感想~講義「アーコロジー」まで

PS4ゲーム「ゴッドイーターリザレクション(GER)」の攻略感想。ネタバレも含みますのでご注意ください。

今回は講義「アーコロジー」までです。

スポンサードリンク

ゴッドイーターリザレクション

さて、フェンリル極東支部、通称「アナグラ」へやってきたプレイヤー。早速適正試験を受けることに。適正試験と言っても特にすることもなく、神機に適正があるかどうかを見るだけみたい。上に見えるのはフェンリル極東支部長のヨハネス・フォン・シックザール、新人神機使いの教官・雨宮ツバキ、後1人は誰だろう。オオグルマ ダイゴかな?

GOD EATER RESURRECTION_20160518150756

無事に適正試験を通過。フェンリル極東支部初の新型神機使いとのこと。新型神機使いとは、「近接攻撃」と「遠距離攻撃」の2つの機能を即座に切り替えることが出来る神機使いのことで、適合者は極稀みたい。

ゴッドイーターリザレクション

適正検査をパスし、メディカル検査を受ける為に指定された部屋へ向かうと、先に適正検査をパスした藤木コウタと合流。同期になるけど、少し先に適正試験に受かってたからと先輩に。非常に友好的な感じ。

ゴッドイーターリザレクションゴッドイーターリザレクション

フェンリル極東支部のツートップである極東支部長のヨハネス・フォン・シックザールと極東支部技術開発統括責任者のペイラー・榊。サカキは新型の神機使いのデータを見るのに夢中になっており、ヨハネスが神機使いとしての今後の行動方針を話すことに。やるべきことは付近のアラガミの一掃。そして来たるべく「エイジス計画」を完遂させる為に尽力することみたい。「エイジス計画」とは、アラガミ防壁を張り巡らせた人工島を建設し、その中に人類が移り住むことで、アラガミに怯えることなく過ごせる楽園を作り上げる計画とのこと。

ゴッドイーターリザレクション

フェンリル極東支部第一部隊のリーダーである雨宮リンドウ。彼の指揮する部隊は生還率が90%以上と他の部隊よりも圧倒的に高く、新米神機使いはまず彼の指揮下に入り経験を積むことが多いとのこと。飄々としているけど仲間のことを大事に思っており、主人公との初の任務のときも「死ぬな。死にそうになったら逃げろ。隠れろ。」と助言し、生き延びることを第一に考えている様子。

ゴッドイーターリザレクション

遠距離型神機使いである橘サクヤとの合同ミッション。服がセクシー。このミッションでは遠距離型神機使いとの立ち振る舞い方を学ぶことに。

ゴッドイーターリザレクションゴッドイーターリザレクション

ソーマ・シックザールとの合同ミッション。開始早々、同行していたエリック・デア=フォーゲルヴァイデが敵の奇襲を受け殉職。神機使いは常に死と隣りあわせだということを再認識させられる。でも、いくら奇襲を受けたからといってオウガテイルに一撃でやられるのはどうなんだ。髪の毛を何度もファサーってしてたのが面白かった。

スポンサーリンク

ゴッドイーターリザレクションゴッドイーターリザレクション

ちなみに戦闘後、支援効果を選択したキャラはある程度の好感度が溜まると(ランダム?)、ミッション後に話がしたいといってきて、相談やら世間話などをしてきます。
コウタの後ろにあるフィギュアは、劇中人気アニメ『バガラリー』のキャラクター。
カノンは主人公の体力が減ったらよく回復してくれるので連れて行ってるのですが、射撃に巻き込まれて何度もふっとばされてます。そしてその度にドスの効いた声で「私、射線上に立つなって言いませんでしたっけ」って凄んでくる。こわい。

ゴッドイーターリザレクション

サカキ博士によるアーコロジー講座。アーコロジーとは、それ単独で生産・消費活動が自己完結しているもの。アナグラもアーコロジー。地下に向かって食料や神機生産などを行っているが、住民は偏食因子が組み込まれた外壁に囲まれている外部居住区に住んでいるとのこと。でも、度々外壁は突破されてアラガミが侵入してきているみたい。コウタの家族も外部居住区に住んでおり不安を感じている様子。そのため、コウタはエイジス計画に希望を見出しているみたい。

ゴッドイーターリザレクション

外部居住区の住民はその不安から度々デモを起こしている様子。また、世界は荒廃しており雇用も少ないので、フェンリル極東支部のように安定した企業に雇用を求める声も後を絶たないみたい。

ゴッドイーターリザレクション

おまけ。突如やってきた新型神機使いの主人公。その過去は語られていません。無職ですが・・・何か?

「ゴッドイーターリザレクション(GER)」攻略感想②~講義「アラガミの進化」まで

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加