「ゴッドイーターリザレクション(GER)」攻略感想③~あの日の真実まで

PS4ゲーム「ゴッドイーターリザレクション(GER)」の攻略感想。ネタバレも含みますのでご注意ください。

今回はあの日の真実までです。

スポンサードリンク

ゴッドイーターリザレクション

リンドウとアリサの2人で任務に当たるも、途中で残りの第一班のメンバーとも合流。同一区画に2つのチームが割り当てられていたことに戸惑いを覚えるも、取りあえずは任務に集中することに。リンドウとアリサは室内の捜索に当たりアラガミに遭遇。
それにしてもこのアラガミ、どうしてもクレイモアの妖魔を連想してしまいます。

ゴッドイーターリザレクション

リンドウがアラガミと戦闘中、アリサは過去のトラウマが再発。そしてフラッシュバックの中で、何故かリンドウをアラガミとして認識するアリサ。直前で持ち直し射線をずらすも、天井が崩落しリンドウはアラガミと孤立。外で見張りをしていた残りのメンバーもアラガミに囲まれ、リンドウの指示でアナグラへ退却することに。リンドウを置いていくことに強い抵抗をするサクヤですが、このままだとみんな共倒れだと仕方なく撤退することに。

ゴッドイーターリザレクション

無事にアラガミを撃退するも、休む間もなく現れる次のアラガミ。果たしてリンドウは無事なのでしょうか。

ゴッドイーターリザレクション

面会許可が下り、アリサの病室へ向かうプレイヤー。強力な鎮静薬を打ったのでしばらくは目を覚まさないというオオグルマの言葉を聞き、プレイヤーがアリサの手を握ると意識を取り戻すアリサ。

ゴッドイーターリザレクション

アリサが目を覚ましたことにひどく狼狽するオオグルマ。退出し、何者かと連絡を取り出します。オオグルマの話しから、どうやらアリサが目を覚ましたのは新型同士の感応現象から。隔離しますか、と電話の相手に聞いていることから何やら穏便ではない様子。

ゴッドイーターリザレクション

リンドウの捜索が続いているある日、突然ツバキからリンドウの捜索の打ち切りが言い渡されます。激しく抗議するサクヤですが、上層部の決定であり覆ることはないとのこと。
あまりに不自然な打ち切りに憤りを覚え、プレイヤーに食って掛かりますが我に返り、しばらく頭を冷やすと出て行きます。

スポンサーリンク

ゴッドイーターリザレクション

再びアリサが眠る病室に向かうプレイヤー。以前の現象を確かめる為に再度アリサの手を握ります。すると、アリサが抱いている過去のトラウマがプレイヤーの頭の中に流れ込んできました。どうやらアリサは過去に、親を困らせようとして身を隠していたときに、アリサを探しに来た両親が、突如襲ってきたアラガミに殺されたことをずっと悔やんでいるようです。

ゴッドイーターリザレクション

そして流れ込んでくる映像の中で、憔悴するアリサに暗示をかけ、リンドウをアラガミと認識するよう仕向けているオオグルマの姿が。どうやら誰かがアリサを利用して、リンドウを始末しようとしていたみたいですね。その誰かとは、以前オオグルマが電話で話していた相手でしょうか。
ということは、アリサはリンドウを始末する為に、この極東支部アナグラへ送り込まれてきたということですね。しかも結構前からリンドウを始末するプランは立てられていたのかな。

ゴッドイーターリザレクション

1人自室でリンドウとの思い出に浸るサクヤ。ふとしたことで、リンドウの遺品を思い出し手にとって見ると、そこにはリンドウからのメッセージが。しかし、プロテクトがかかっており、その中身を見るにはリンドウの腕輪が必要らしい。

ゴッドイーターリザレクション

リンドウの手掛かりを探し続けるサクヤ。当時のミッションは不可解のことだらけの上に、ミッションの履歴そのものが消されていることに一層疑惑を強くしていたときに、プレイヤーがサクヤのもとへ、アリサとの感応現象で得た情報について相談しに行きます。

ゴッドイーターリザレクション

アリサのもとへ直接話を聞きにいくサクヤ。その話しから、オオグルマがアリサの暴走と関連があると分かるも、アリサが再度パニックを起こしたことで礼を言い、病室を退室することに。

「ゴッドイーターリザレクション(GER)」攻略感想②~講義「アラガミの進化」まで

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加