グッドパートナー 無敵の弁護士(ドラマ)第2話あらすじと感想~弁護士バッチを外してのやり取りに疑問

a1150_000874

ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」、前回は著作権侵害を侵したマミーデザインの社長・重国夕子が帝都広告から訴えられて、それを神宮寺法律事務所のパートナー弁護士・咲坂健人(竹野内 豊)が見事に退けるといった話しでした。

企業法務を専門に扱う弁護士事務所が舞台とのことで、話をきちんと理解できるのか若干不安だったのですが、法律の専門用語については作中で説明されるので話もきちんと理解できました。

ただ、パートナー弁護士やアソシエイト弁護士については説明があったのですが、九十九 治(大倉孝二)などが務めているパラリーガルについてはあまり触れられていなかったので調べてみました。パラリーガルとは弁護士業務をより効率的に遂行するため、弁護士による指示と監督のもと、限定的な法律に関わる専門的な業務であり、要は法律に特化した事務職のようなものでしょうか。新人のアソシエイト弁護士は、入社間もないころはパラリーガルに手続きの仕方諸々などを教わるみたいですね。

さて、弁護士にスポットを当てた作品としては異例の企業法務を専門に扱う今作品。このドラマにはもう一つの顔があり、それは咲坂健人(竹野内 豊)と夏目佳恵(松雪泰子)の元夫婦が織り成す「ホーム」としての一面。

お互いにヒートアップしたら昔の呼び方で読んでしまうという2人ですが、これから2人はどういった物語を紡いでいくのでしょうか。

それでは、「グッドパートナー 無敵の弁護士」第2話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

神宮寺法律事務所の顧問先である『シンヨーメディカル』という会社が、元社員から不当解雇で訴えられ、咲坂健人(竹野内 豊)と熱海優作(賀来賢人)が当該案件を担当することに。解雇理由は「会社の経費で飲み食いするばかりで期待したほどの働きをしなかった」というものだったが、解雇された元社員・小西勝也(野間口徹)は『シンヨーメディカル』と“年俸1200万円の3年契約”を結んでおり、1年で解雇されたのは『労働契約法』に反する、というのが相手側の言い分だった。
 小西側の言い分はもっともで、熱海は勝ち目がないと判断するが、咲坂は『シンヨーメディカル』の依頼を引き受け、小西の代理人・宮前克美(モロ師岡)と交渉を開始。すると小西は1年での解雇を認める代わりに、残り2年分の給与・2400万円を支払うことを求めてくる。

 一方、夏目佳恵(松雪泰子)と赤星元(山崎育三郎)は顧問先『チドリ電工』の合併案件を扱っていた。
 合意を目前にして、合併相手の『唐松物産』から「白紙にしたい」という申し出があったことで、佳恵は『唐松物産』側の代理人と直接交渉を試みる。しかし約束の場所に現れた代理人は宮前だった!なんと佳恵と咲坂は別々の案件で同じ代理人と戦うことになってしまったのだ…!

ボスの神宮寺一彦(國村隼)から「同じ代理人にふたりとも負けたりしたら、ウチはレベルの低い事務所だと思われる」と発破をかけられた咲坂と佳恵。仕事においてライバル心むき出しのふたりは、自分の案件だけは負けまいと、我先に宮前との交渉を開始する。だがそんな咲坂たちをあざ笑うかのように、手玉に取る宮前。ついにしびれを切らした咲坂は、反則技とわかりつつも、宮前の依頼人である小西に会うという挑発的な行動に出る!
さらに小西の経費使用履歴の整合性を確認するため、ある手段を…!

スポンサーリンク

感想

今回は不当解雇の件を咲坂健人(竹野内 豊)と熱海優作(賀来賢人)が、企業合併の件を夏目佳恵(松雪泰子)と赤星元(山崎育三郎)が担当しました。

2つの案件の代理人である弁護士は宮前克美(モロ師岡)であり、同じ代理人であることが判明しました。

それにしても咲坂健人と夏目佳恵はプライベートのいざこざを仕事に持ち込みすぎではないでしょうか。お互いに足を引っ張りあっているばかりに見えます。宮前克美もその点を見抜いていて、2人を煽りあうように見事に立ち回ってましたね。今回のように相手に立ち入る隙を与えるだけのような気がしますがどうなんでしょう。

気になったのは、宮前克美が企業側と雇用側、両者に対してそれぞれホームページを使い分けていたことに対して熱海優作以外の神宮寺法律事務所の面々は節操がないと非難していましたが、これは非難されるようなことなのでしょうか。

弁護士とは元々そういった職業で、依頼があれば企業側であろうと雇用者側であろうと弁護するものではないのでしょうか。神宮寺法律事務所のような企業法務を専門に扱う弁護士事務所はそういった依頼次第で企業、雇用者どちらでも弁護に回るような弁護士を見下しているものなのでしょうか。

もう1つ思った点は、咲坂健人の立ち振る舞いです。前回、今回と続けて本来ではご法度である相手のクライアントに直接接触する行為を犯して、その度に弁護士バッチをはずして「ここからは弁護士としてではなく、私個人として話したい」といったやりかたです。そのような詭弁が通用するなら誰だって弁護士バッチを外して、代理人である弁護士を介さずに直接クライアントに接触すると思いますが。どうなんでしょう。そもそも、相手側は弁護士としてでもない一個人である咲坂健人と話すことなんて何もないと思いますが。前回に引き続き今回もこのようなやり方を取っていたので今後もこのやり方で通していくのか気になりました。

後は夏目佳恵もいい加減目に付きます。事あるごとに咲坂健人に突っかかり仕事の足を引っ張るわ、咲坂健人に親権があるにも関わらず娘である咲坂みずき(松風理咲)にこっそり会ってプレゼントを渡し、自分のところに来るように考えを改めさせようとしてたりとプライベートでも足を引っ張ります。挙句の果てには咲坂みずきに「お父さんを助けないの?」と聞かれ、答えに窮する夏目佳恵に「お母さんが助けるわけないよね」と自嘲気味に笑われる始末。

正直、現段階では弁護士としての話が面白くて、家庭面での2人のやり取りは蛇足気味に感じています。弁護士としての仕事を解決してスカッと終わりたいのに夏目佳恵とのやり取りで毎回もやもやとしてしまいます。「法務」と「ホーム」の両立が今ドラマのコンセプトであるのでこれは避けては通れないのでしょうけど。2人がさっさと仲直りして仕事面でも家庭面でもスカッと終わらせて欲しいです。

グッドパートナー 無敵の弁護士(ドラマ)初回第1話あらすじと感想~手塚とおるの憎たらしい演技力が炸裂

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加