グッドパートナー(ドラマ)第4話あらすじと感想~会社を巻き込んでのお家騒動

a1490_000049

ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」、前回は上場を控えるベンチャー企業『ヒューガクラウド』が、その筋の組織と関係を持ったためになんとかして関係を解消しようといった話でした。

上場するためにはその筋の方達との関係を持っていたのでは出来ないので、『ヒューガクラウド』の社長・日向俊矢(高橋光臣)から相談を持ちかけられます。業務委託契約書内にある『反社会的勢力排除条項』をもとに、契約解除を申し出ようとしますが、『サンデーメディアサービス』が「反社会的勢力」であることがどうしても証明できません。

そこで咲坂健人(竹野内 豊)が取った策は『ヒューガクラウド』の主力であるネット産業から手を引くこと。当然そのようなことをすれば会社の売り上げはがた落ちするので、日向俊矢は所詮人事だからこちらの気持ちは分からないと弁護士に頼らずに事態を収めようとしますが、咲坂健人が弁護士バッチを外して説得することで考えを改めます。

『ヒューガクラウド』がネット産業から手を引いたことにより、『サンデーメディアサービス』の社長・滑志田吾郎(星田英利)も金にならない以上仕方ないとしぶしぶ『ヒューガクラウド』から手を引きます。

こうして見事『サンデーメディアサービス』とその筋との繋がりを絶つ事に成功した咲坂健人ですが、プライベートではまた別の問題を抱えています。咲坂健人の娘である咲坂みずき(松風理咲)が中学に進学するときを機に、再びどちらの親の元につくかを選択するのです。果たして咲坂健人は親権を元妻である夏目佳恵(松雪泰子)に取られてしまうのでしょうか。

それでは、「グッドパートナー 無敵の弁護士」第4話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

顧問先であるビジネスシューズメーカーの『鳥飼シューズ』から相談を受けた神宮寺法律事務所。創業者である会長の鳥飼健三(竜雷太)の保守的な考え方に対し、息子で現社長の鳥飼孝太郎(矢柴俊博)は飲食業や結婚式事業などにも参入するなど、異業種にも進出していこうとしており、経営方針を巡って親子間で対立していたのだ。
 健三は神宮寺一彦(國村隼)に、そして孝太郎は咲坂健人(竹野内 豊)に、それぞれ相手を解任することを提案。典型的な“お家騒動”に巻き込まれる形となった咲坂たちはなんとかふたりを仲直りさせ、騒動を収束させようと考える。
だが双方に和解案を提示するものの、まったく受け入れる兆しがない。しぶしぶ神宮寺は、孝太郎の意向、つまり健三の解任案に従うよう命じるが、咲坂はそれにはまだ躊躇いがあり…?

その頃、夏目佳恵(松雪泰子)のアソシエイト・赤星元(山崎育三郎)が急病で入院してしまう!
 赤星不在の間、パラリーガルの九十九治(大倉孝二)が佳恵のサポート業務を行なうことに。思いの外、優秀な仕事ぶりを見せているらしい九十九に、赤星は焦りを感じる。

やがて『鳥飼シューズ』の案件は思いもかけぬ方向に…。なんと孝太郎が顧問弁護士である咲坂を解任したのだ! 長い付き合いである『鳥飼シューズ』の一大事を見過ごすことができない咲坂は、驚くべき秘策を思いつく!?

スポンサーリンク

感想

今回の話はビジネスシューズメーカーの『鳥飼シューズ』創業者である会長の鳥飼健三(竜雷太)と息子で現社長の鳥飼孝太郎(矢柴俊博)との会社を巻き込んだ親子喧嘩。

今回は特に法律の話もありませんでしたね。鳥飼健三は息子である鳥飼孝太郎に会社を引き継いだものの、その経営方針に納得がいかず、息子を解任して自分が社長に返り咲こうと画策します。一方、鳥飼孝太郎も会社を引き渡したにもかかわらず、会社の経営に口を挟んでくる鳥飼健三を追い出そうとします。

咲坂健人(竹野内 豊)は顧問弁護士である鳥飼孝太郎に、法的な手続きを依頼するものの、出した答えは鳥飼健三にも経営権を渡し共同経営すること。

頼みもしてない的外れな提案しかしない咲坂健人に鳥飼孝太郎は解雇を言い渡します。その後、咲坂健人は父である鳥飼健三に肩入れし、鳥飼孝太郎を社長の座から引き摺り下ろしましょうとボスに持ちかけます。

マスコミにも質疑応答の場を設け、その前日にリハーサルとして神宮寺法律事務所の面々をマスコミ役として様々な質問を浴びせますが、まるで自分ばかりを糾弾するような内容ばかりで激怒。こんな質問に何の意味がある!と憤る鳥飼健三に、咲坂健人はいつもの如く弁護士バッチを外し「こんなことに何の意味もない。会長が勝とうが社長が勝とうがブランドイメージは低下する」と言います。

結局、鳥飼健三は今まで自分が育ててきた会社を守りたかったのでしょうね。鳥飼孝太郎も自分では父と同じようなやり方では父のような結果は出せないと思い、自分なりのやり方で必死に結果を出そうとしたが故の行動でした。父の思いを聞いた鳥飼孝太郎は、最初に咲坂健人が提示したように共同経営を持ちかけますが、鳥飼健三は自分の息子を信じて会社から身を引くことになりました。

咲坂健人もいきなり何をやりだすんだ、と思いましたが親子の仲を修復させるための芝居だったのですね。鳥飼親子の仲を無事修復させた咲坂健人ですが、自身の家族関係は拗れたまま。咲坂健人や夏目佳恵(松雪泰子)よりも、2人の子供である咲坂みずき(松風理咲)が負担を感じている様子。

グッドパートナー(ドラマ)第3話あらすじと感想~ほっしゃんこと星田英利の演技力に脱帽!

グッドパートナー(ドラマ)第5話あらすじと感想~夏目佳恵がクーデターを誘発

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加