グッドパートナー(ドラマ)第6話あらすじと感想~山崎育三郎の熱演が光る

グッドパートナー 無敵の弁護士

ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」、前回は顧問先の桂総合病院の事務長・葛原正(小林隆)から新人看護師の桜井奈緒(逢沢りな)が外科部長の厚木義忠(神尾佑)からセクハラ被害にあっていると相談を持ちかけられ、咲坂健人(竹野内 豊)が夏目佳恵(松雪泰子)と共に問題を解決しました。

事を大きくしないでほしいと頼み込む葛原正ですが、問題は桂総合病院に根深くあると判断した夏目佳恵は事を大きくしないで欲しいという要望を早々に諦め、看護師全員分の退職願を集め、厚木義忠に謝罪を強要します。謝罪をしなければ看護師全員が一斉に辞めると、病院の経営はもちろん、現在入院している患者のことも盾に取ったクーデターを誘発します。

病院は夏目佳恵の話を受けざるを得ず、一番の稼ぎ頭だった厚木義忠に辞められ収入はがた落ち、また、夏目佳恵の話から厚木義忠を土下座をさせるまで裁判にて追い詰めるようです。

このドラマは企業法務を扱う、今までにはない形の弁護士のドラマを魅せてくれると期待していたのですが、あまり法律のことは触れないようですね。また、”法務゛と”ホーム゛をかけた作品でもあるとのことですが、弁護士としての話をしているときに家庭の話を持ち込まれてテンポも悪く感じます。夏目佳恵はいちいち話の矛先を離婚の話に向けて毎回脱線させてきますし。正直、個人的には期待はずれの作品ですので、途中で視聴を止めるかもしれません。

それでは、「グッドパートナー 無敵の弁護士」第6話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

咲坂健人(竹野内 豊)のもとに『蕎麦 いわし丸』をチェーン展開する根岸昇(六平直政)とその妻・三佐江(千賀由紀子)が相談にやってくる。5,6年前から徐々に経営に行き詰まり、気付いたら借入金の額が3億円を超えてしまったのだという。
 銀行からの融資が難しくなったものの、従業員や取引先に迷惑をかけるわけにはいかないので店を潰すわけにはいかない、という根岸のために咲坂は『蕎麦 いわし丸』の事業再生計画を練ることに…。熱海優作(賀来賢人)はまだ経験が浅いため、財務関係に強い赤星元(山崎育三郎)がサポートに入り、再建に向けての計画を考案。だが赤星は『蕎麦 いわし丸』の財務表を見るなり、「再建は無理。早い段階で清算をしたほうがいい」と断言する! 冷たすぎる赤星の判断に驚く咲坂は「現場を見てから、倒産を勧めるか再建策を考えるか決めよう」と提案する。

 早朝から魚市場や『蕎麦 いわし丸』の本店を訪れた3人だったが、そこでも咲坂と赤星の意見はことごとく対立。ますます浮き彫りになる価値観の不一致に、咲坂は赤星に「もうこの件からは降りてくれ」と言ってしまう。しかし意地でもこの案件からは手を引きたくない赤星。実は彼が再建ではなく、倒産の道を勧めるのには、ある理由があり…?

その矢先、咲坂たちの再建案に対して、銀行の融資担当から「NO」が出てしまう! いよいよ『蕎麦 いわし丸』の再建への道が厳しくなる中、三佐江から「主人に『どうにもならなくなったら、俺が死ねばなんとかなる』と言われた」と連絡が入り…!?

スポンサーリンク

感想

今回の話は、赤字が膨らんだ会社の経営の建て直しの話ですね。

いわし蕎麦を主力商品とする『蕎麦 いわし丸』をチェーン展開する根岸昇(六平直政)とその妻・三佐江(千賀由紀子)は、数年前から業績が悪化し、その度に銀行から融資を受け、その場をしのいできましたが、その借り入れ金額はとうとう3億円を超えてしまいました。

会社を潰さずに、社員もリストラせずに取引先にも迷惑を掛けたくないという根岸昇は咲坂健人(竹野内 豊)へ相談にやってきます。事業の再建計画を練ることになりますが、咲坂健人のアソシエイト弁護士である熱海優作(賀来賢人)はまだ経験が浅いため、財務関係に強い赤星元(山崎育三郎)がボスの神宮寺一彦(國村隼)の命令によりサポートに入ることに。

赤星元は早々に、事業の建て直しは無理。さっさと清算をしたほうがいいと言いますが、咲坂健人はクライアントの要望通りなんとかして、会社は潰さずに事業を立て直そうと考え、意見が対立します。実際に仕事の現場を見に行っても赤星元は意見を改めずに、咲坂健人はもうこの件には関わるなと言いますが、降りる気はない様子。

神宮寺一彦から言われてようやく清算以外の方法を探す赤星元ですが、その考えは職員の大量のリストラ。クライアントである根岸昇の要望をことごとく無視する赤星元に、咲坂健人の怒りは高まるばかり。

そんな折、咲坂健人のもとへ根岸昇の妻である三佐江から電話がかかってきます。三佐江は、いざとなったら自分が命を捨てればいいと考えている根岸昇にどうしてらいいのか分からない様子。実際に会って話し合う咲坂健人たち。そこで涙を流す根岸昇に対して、赤星元は自分の親も経営が行き詰まり会社のために奔走し、その結果命を落としたことを打ち明けました。このままでは根岸昇も会社も潰れてしまうと説得する赤星元に対し、根岸昇は一番売り上げのいい1店舗を残し、他の会社は畳み職員もリストラすることに踏み切りました。

今回はデキ婚したモーニング娘。の安倍なつみさんの夫・山崎育三郎の熱演が光りましたね。赤星の知らない過去を聞きだしたと知った夏目佳恵(松雪泰子)は、咲坂健人のしらない咲坂健人があるのかと思い、再び話し合った結果、咲坂健人から「ベストフレンド」であうよう言われますが、娘である咲坂みずき(松風理咲)は夫婦であるはずの2人が友だち関係ということに納得はいかない様子。

グッドパートナー(ドラマ)第5話あらすじと感想~夏目佳恵がクーデターを誘発

グッドパートナー(ドラマ)第7話あらすじと感想~夏目佳恵が裁判で完敗!?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加