グッドパートナー(ドラマ)第7話あらすじと感想~夏目佳恵が裁判で完敗!?

グッドパートナー 無敵の弁護士

ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」、前回はモーニング娘。の安倍なつみさんの夫・山崎育三郎の熱演が光りましたね。

『蕎麦 いわし丸』をチェーン展開する根岸昇(六平直政)とその妻・三佐江(千賀由紀子)がここ数年、経営が厳しくなりその度に銀行から融資を受けてきましたが、その借り入れ金額はどんどんと膨らみ、遂には3億円を超えてしまいました。銀行からの融資も最早期待できずに、根岸昇は咲坂健人(竹野内 豊)のもとへ相談へやってきます。

会社を潰さずに、職員もリストラせずに取引先も潰したくないという根岸昇に対し、咲坂健人は事業の建て直しを図りますが、咲坂健人のアソシエイト弁護士である熱海優作(賀来賢人)はまだ経験が浅いため、財務関係に強い赤星元(山崎育三郎)がボス・神宮寺一彦(國村隼)の命令によりサポートに回ることに。

熱海優作は早々に事業の建て直しは無理、清算すべきと言い、クライアントの要望をなるべく叶えよとする咲坂健人と対立します。実際に現場を見に行っても熱海優作の考えは改められずに、咲坂健人はこの件から手を引くように言いますが降りる気はない様子。

ボス・神宮寺一彦(國村隼)から言われてやっと事業の建て直しのために動いたかと思うと、今度は職員の大量のリストラを言い出す熱海優作に、熱海優作の怒りは高まります。そんな折、三佐江から「夫が自分が命を捨てれば問題は解決すると考えている」とうろたえた様子で電話を掛けてきます。

実際に会って話をすることになった咲坂健人たち。熱海優作はそこでも、売り上げが一番いいいつを残して他の会社を倒産させ、職員もリストラすべきだと言います。涙を流す根岸昇に対し、熱海優作は自分の過去を語りだします。熱海優作の父親もいくつもの事業を展開していましたが、業績は悪く自転車操業をしており、経営を立て直そうと奔走しているうちに熱海優作が大学生のときに倒れ、命を落としてしまいました。このままではあなたも同じような道を歩んでします、と再度、会社を畳むことを持ちかけます。根岸昇も熱海優作の意見を聞き入れ、1つの会社を残し他の会社を倒産し、銀行からの有志も無事に得ることが出来るようになりました。

ドラマ「グッドパートナー 無敵の弁護士」は全10話で、最終回の放送日は6月16日とのこと。咲坂健人と夏目佳恵(松雪泰子)は再び寄りを戻し、娘である咲坂みずき(松風理咲)と3人で再び笑いあえる日は来るのでしょうか。

それでは、「グッドパートナー 無敵の弁護士」第7話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

 小学校のときに所属していた野球チームの監督・島津善治郎(石井洋祐)が亡くなり、葬儀に参列した熱海優作(賀来賢人)。だが、その席で島津の息子で同級生の勝太(渋谷謙人)が、焼香にやってきた客の土井垣茂(福田転球)を殴る場面に居合わせてしまう! 勝太の代理人となり、示談交渉を進めることになった熱海だったが…?
 実は島津が経営する温泉旅館『しらかぜ荘』では、ことしの1月に温泉汲み上げ施設の爆発事故が起きていた。事故後、施設の点検を任されていた業者が業務を怠っていたことが明らかになるが、その業者は一切の責任を否認。家屋の修復や休業などで巨額の借金を背負った島津は過労がたたり、心筋梗塞で亡くなってしまった。
そのときの業者の社長が土井垣。勝太は父親の死は土井垣のせいであると考えていたのだ。

 勝太の言い分を聞き、「殴りたくなる気持ちもわかる」と熱くなる熱海。だが土井垣側の代理人、岬&マッキンリー法律事務所の岬伊知郎(正名僕蔵)から高額の示談金を提示され、なすすべなく示談書を作成することに…。熱海に懇願され同席した咲坂健人(竹野内 豊)は一連の件の理不尽さと、たかがイチ中小企業の代理人に大手法律事務所の岬&マッキンリーがついていることに疑問を抱く。
 爆発事故の過失の所在について再調査するため咲坂と熱海は『しらかぜ荘』を訪れることに。宿敵・岬&マッキンリーとの対決になることを予感した神宮寺一彦(國村隼)は、夏目佳恵(松雪泰子)と赤星元(山崎育三郎)も同行し、咲坂たちをフォローするよう命じる。

 『しらかぜ荘』にやってきた4人は、爆発事故当時の土井垣の非情な対応と、警察を含めた事故調査のずさんさについて、ある事実を目の当たりに! なんとか土井垣の過失を認めさせたいと考える中、佳恵がある案を思いつく…!

スポンサーリンク

感想

今回の話は熱海優作(賀来賢人)が小学生のころにリトルリーグの監督をしていた島津善治郎(石井洋祐)が経営していた温泉旅館『しらかぜ荘』が爆発した話。

温泉旅館『しらかぜ荘』の施設管理をしていた土井垣茂(福田転球)は、地元の国会議員がバックについているのでやりたい放題。しらかぜそうも弁護士を雇い争うも、地元の弁護士もバックの国会議員を恐れて早々bに手を引きました。

しかし、熱海優作の地元と言うこともありどうしても許せない熱海優作は争うことに。土井垣茂が雇っていた弁護士は岬&マッキンリーということもあり、話に乗り気ではなかった神宮寺一彦(國村隼)も2つ返事で了承。咲坂健人(竹野内 豊)、夏目佳恵(松雪泰子)と赤星元(山崎育三郎)も送り込みます。猫田は見合いを優先し辞退。

憲法717条とやらで夏目佳恵は争うことにするも、裁判ではなにやら負けた様子。いつものように都合よく勝つと思っていたのに意外でしたね。最終回も近くなっているので、物語にもなみかぜをたてることにしたのでしょうか。

それにしても、弁護のはなしやら、家庭の話やらでいったりきたりしますね。途中で何の話をしていたのか忘れることも多々。今回の話では、夏目佳恵が裁判で負ける過程を最も見たかったのに、その部分はまさかの丸々カット。どうでもいい話はくどい位延々と言い合い続けてるのに肝心なところは全然描かれていませんね。ベストフレンドでもなんでもいいから、いい年した大人がプライベートを仕事に持ち込まないで欲しい。猫田もいつまで見合いを続けてるんだ。そもそもこの話に、主役でもない人物の見合いの話を毎回入れる必要性が全くわからない。挙句の果てには詐欺っぽい女に捕まって、200万貢がされそうだし。このドラマは、あまり真面目に感想を書くこともありませんね。

グッドパートナー(ドラマ)第6話あらすじと感想~山崎育三郎の熱演が光る

グッドパートナー(ドラマ)第8話あらすじと感想~猫田純一が覚醒!?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加