火の粉(ドラマ)最終回あらすじと感想~最後の晩餐!迎える結末は!?

火の粉

ドラマ「火の粉」、前回の8話では誰もとめることのできなかった武内真伍(ユースケ・サンタマリア)に、遂に綻びが出てき始めました。

武内真伍の望み通り、武内真伍を交えた幸せな家庭生活を演じ続ける梶間一家。しかし、そんな生活が続いたある日、梶間雪見(優香)はこんな生活は耐えられないと限界を訴えます。しかし、そんな雪見に対して尋恵(朝加真由美)は、こんな幸せな毎日なのに何が不満なのの嗜めます。一家の主と武内を崇める尋恵は現状に何の疑問も抱いていない様子。梶間家への合鍵を渡したのも尋恵の判断によるものでした。

しかし、こんな生活を良しと認めない俊郎(大倉孝二)は、妻である雪見や娘であるまどか(庄野凛)を守るため、生きていた的場一家殺害事件の遺族・池本(佐藤隆太)と手を組みます。そして武内から犯行の自白、手に掛けた弁護士・関の遺体の場所を聞き出そうとしますが、帰宅した勲(伊武雅刀)により失敗に終わります。そして、俊郎の顔から恐怖を感じなかった武内真伍は、一連のやり取りを池本と俊郎が仕組んだものであると見抜き、俊郎を階段から突き落としてしまいました。階段から突き落とされる息子を見て、今まで武内に心酔していた尋恵も目を覚ました様子。後日、武内の自宅へと赴き、「あなたは私達の家族ではない」と宣言します。

一方、武内真伍の元へは武内から「家族になれない」と拒絶されたものの、武内への想いを諦めきれない琴音(木南晴夏)が迫ります。いまだ壊されたままだった勝手口から侵入し、勝手の朝食を作り始めます。そして改めて武内への想いを告白し、家族にはなれないと言う武内に対し、私の行好意を無碍にするなと詰め寄ります。人をあやめているあなたのような人を好きでいられるのは自分だけだと。そして武内が梶間一家へしている行いに対しても知っている様子。

ある日、池本から雪見へと梶間一家や武内の母の墓がある墓地へと雪見を誘います。池本はどうやらそこですべての決着を付ける様子。母の前で自分を刺してみろと武内に詰め寄る池本。しかし、背後から忍び寄ってきていた琴音によって刺されてしまい、倒れこんでしまいました。

ドラマ「火の粉」もいよいよ9話で最終話を迎えます。オトナの土ドラ「火の粉」、一体どのような結末を迎えるのでしょうか。

それでは、「火の粉」の最終回を振り返りながら感想を述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

『心のこもった贈り物』 

武内(ユースケ・サンタマリア)と雪見(優香)の目の前で、池本(佐藤隆太)が琴音(木南晴夏)に刺し殺された。武内は、自分のために邪魔者を消してやったのだと打ち明ける琴音を冷たくあしらう。一方、事件を目撃した雪見は、警察から事情を聴かれることに。その後武内は、引っ越してきた初日のように、たくさんの品物を携えて梶間家を訪問する。相手のことを真剣に考えた末の、心のこもった贈り物…。しかし、勲(伊武雅刀)、尋恵(朝加真由美)、俊郎(大倉孝二)は、拒絶の眼差しを向ける。「皆さんとやり直す、これが最後のチャンスだったんです!」武内の怒号に怯えて、泣き出すまどか(庄野凛)。彼女にすがるように近づく武内だったが、そこに俊郎が立ちはだかる。

『“再審”』 

梶間家の奥の部屋で、武内は椅子に縛られていた。その目の前にいたのは、勲。「開廷します」狂気に駆られた目でそう宣言する。かつての的場一家、勲の母、関弁護士(迫田孝也)、そして琴音の元夫…。勲は武内を、彼ら全員に対する殺人の罪で、私的に裁こうと考えていた。武内は、勲こそ絶望の淵にいた自分を救ってくれた恩人だと主張。勲になら何をされても後悔はないと吐露する。そんな武内に勲が言い渡した判決は…「主文、被告人を死刑に処する!」

『最後の晩餐』 

感情をむき出しにした勲に、武内の心も揺れ動く。「琴音さんと、自首します」過去の罪を認め、警察に行くことを決意。しかしその前に、どうしても梶間家で最後に食事がしたいと懇願する。その気持ちを受け入れたのは、雪見と尋恵。料理を梶間家で作ることを条件に、最後の晩餐を受け入れる。その夜…手作りのバウムクーヘンを手に真剣な表情で訪れる殺人犯。そして豪勢な食事を作り、待ち受ける梶間家の面々。それぞれの思惑は…?響き渡るのは食器の音のみ。世にも奇妙な、最後の晩餐が始まった…。

スポンサーリンク

感想

ドラマ「火の粉」もとうとう最終回を迎えました。

武内真伍(ユースケ・サンタマリア)に迫る池本(佐藤隆太)を背後から刺し、殺害した琴音(木南晴夏)。琴音は武内真伍のことを思っての行動だというが、武内真伍は迷惑だと切り捨てます。

一連のやり取りを目撃していた梶間雪見(優香)は警察から事情徴収を受けますが、起こったことが信じられずに、警察に琴音の犯行については黙っていたとのこと。

後日、武内真伍が梶間家へ赴き、相手のことを考えたプレゼントを贈りますが勲(伊武雅刀)、尋恵(朝加真由美)、俊郎(大倉孝二)は拒絶。これが最後のチャンスだったと怒鳴る武内真伍の声に驚いたまどか(庄野凛)が泣き出してしまい、武内真伍はまどかを宥めようと、用意したプレゼントを手にまどかの元へ向かおうとしますが、まどかの事を守ろうとした俊郎が立ちはだかります。それでも無理やりにまどかの元へ向かおうとする武内真伍に対し、俊郎は隠し持っていたスタンガンを武内真伍にあてて気絶させました。

目を覚ました武内真伍。目の前には勲。勲は当時の裁判をやり直すといい、武内真伍が今まで犯した罪を述べます。勲が見たスーツケースの中には関弁護士(迫田孝也)が入っていたことも明らかになりました。その他にも、勲の母、的場一家、琴音の元夫を手に掛けた武内真伍に対し、勲は判決を言い渡します。被告人を死刑に処す、と。当時、武内真伍に無罪を言い渡した自分に憤りを感じ、正気を失っていた勲はその場で武内真伍を手に掛けようとしますが、武内真伍は勲のことを命の恩人であると信じているが故、抵抗をすることもありませんでした。

直前になって俊郎により止められたものの、武内真伍は自分の罪を認め、私は有罪ですと言い、琴音と共に自首すると梶間家の面々に対して宣言します。しかし、最後に梶間家のみなさんと食事を共にしたいと最後の晩餐を申し込みます。梶間家が用意する食事ならという条件で了承し、武内真伍は一旦自宅に戻りバームクーヘンを作り出します。

バームクーヘンを作っていた武内真伍の元へやってきた琴音。琴音は以前、武内真伍の家で見つけた青酸カリと思わしき薬品を見せつけ、食事に何をするのかと問います。また、薬品の一部を雪見に渡したとも。そんな話をしながら渡された琴音からの飲み物には口をつけずに別れを切り出す武内真伍。

約束の最後の晩餐をしに、バームクーヘンを手に梶間家へやってきた武内真伍。豪華な食事が並べられた食卓を囲むも会話はぎこちなく、まどかもみんなが喧嘩したのかと心配します。ぎこちないながらも話は進み、梶間家にはやはり自分の居場所はなかったと思い知らされる武内真伍。お互いに薬品の存在は知っていながらも、それぞれが出し合った食事を食べ合い、無事に最後の晩餐は終わりを迎えます。

自宅へ戻った武内真伍は、自分が一度作って床にたたきつけた、薬品が混入してあるバームクーヘンを食べ始め、翌朝、息を引き取っている武内真伍を梶間家の面々に発見されました。

以上でドラマ「火の粉」は終わりを迎えます。私個人的には、今期のドラマでは一番楽しめました。ユースケ・サンタマリアさん演じる武内真伍の、どこか壊れたような演技も非常に真に迫っていたと思います。「火の粉」の次は「朝が来る」が放送されるようですね。「朝が来る」もオトナの土ドラらしいですが、この時間帯に放送されるのはみんなそう言われているのかな。「火の粉」だけかと思ってました。

「朝が来る」についてはまだ何も情報を入れていないので、このまま続けて観るかは分かりませんが、どうやらココリコの田中直樹さんが出演されるみたいですね。来週までには継続してみるか考えようと思います。

最後にドラマ「火の粉」の視聴率を振り返って感想を締めようと思います。

第一話:5.8%、第二話:3.6%、第三話:3.8%、第四話:4.2%、第五話:3.3%、第六話:5.3%、第七話:4.4%、第八話:3.9%、最終話:4.9%

火の粉(ドラマ)第8話あらすじと感想~生きていた池本、暴走する琴音

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加