香川照之が46歳で歌舞伎デビューした理由、それは・・・

a1380_000442

テレビドラマ「半沢直樹」の顔芸で名を広めた東京大学卒業の香川照之さん。

その香川照之さんが、「嵐」の松本潤が主演の「99.9-刑事専門弁護士-」に出演することが決まりました。

香川照之さんは、松本潤さん演じる若手弁護士・深山大翔とバディを組む大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー佐田篤弘を演じます。敏腕弁護士だが真逆のスタンスの深山大翔とぶつかり合いながら仕事を進めていく役どころです。

香川照之さんは「作品として、ドラマ性だけが高く突出することは痛快ですが、実際の弁護士像とかけ離れないよう注意し、そのことがどうキャストの間で化学反応を生んでいくのか、楽しみにしています」とコメントしています。

今回はそんな香川照之さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日:1965年12月7日
星座:いて座
出身地:東京
性別:男
血液型:AB型
身長:171cm

父は歌舞伎役者の二代目市川猿翁、母は元宝塚歌劇団雪組主演娘役で女優の浜木綿子さん。

元々俳優になるつもりはなく、TBSの緑山スタジオで数か月ADのアルバイトをしていたそうです。連日怒られ通しでしたが、後輩として入ってきた新米ADには「でかい顔をして」かなり横柄に弁当の配り方などを教えていたとのこと。その人物が後の映画監督の行定勲さんで、その後、監督と俳優として起用された際にきっちりと復讐されたのだとか。

親が俳優だったことや他にやりたいこともなかったため、親の七光りを利用しない手はないとの消去法でこの道を選んだそうです。

現在は元スチュワーデスの方と結婚しています。

妻の名前は香川智子さんと言い、ネット上にも顔写真の画像はたくさんありますね。

実は香川智子さんとの結婚直前までに付き合っていた女性がおり、その方との結婚が秒読みだと思われていたのですが、いざ結婚発表したのが違う女性であったこともあり、一時はネットで話題になりました。

46歳で歌舞伎デビュー

半沢直樹にて俳優としての地位を築いた香川照之さん。

どうして46歳という年齢で歌舞伎界へ身をおくことになったのでしょうか。

梨園では一般教養ともいえる、義太夫、長唄など日本伝統の音楽、道具の専門用語、しきたりなど覚えることが多く、何よりも香川照之さんは基礎中の基礎である日本舞踊をやっていませんでした。

その香川照之さんが絶縁状態であった父と和解し、歌舞伎界に挑むことを決意させたのは長男への思いからとのこと。

息子を歌舞伎の舞台にったせる事を父の使命だと言っており、自分の子供である政明くんに、2歳の頃から歌舞伎を見せて教育してきたそうです。

多くの子供が熱中するゲーム機で遊ぶことも禁止し、5歳の時からは團十郎さんの家に通わせ日本舞踊を習わせていました。

これらすべては梨園に入るための厳しい訓練なのです。

本来であれば、若いころから香川照之さんが歌舞伎をやっていれば、「猿之助」継承の大本命なのですが、芸歴からして現実的でありません。ならばと、歌舞伎役者の夢を長男に託すための、歌舞伎界への参入で、長男に「猿之助」襲名させるための布石と見るのが妥当でしょう。

スポンサーリンク

香川照之のボクシングでの名言

俳優や歌舞伎と役者の道を進んでいる香川照之さんですが、大のボクシング好きというもう1つの顔があります。

きっかけは、少年時代に具志堅用高さんの試合を見たことだそうです。国内はもちろん海外の試合のビデオや専門誌をも通信販売で購入して研究するほどのマニアなのだとか。

実写映画「あしたのジョー」に丹下段平役で出演されたこともあり、出演が決まった時には、「私生活でボクシングを30年間見守り続けてきたのは、この役のため」と語ったのだとか。

そんな香川照之さんですが、度々ボクシングの解説役のゲストとして呼ばれることが有ります。

大のボクシング好きである香川照之さんは、テンションが上ってしまい数々の名言を残されているのです。

あまりのテンションの上がり具合から、ボクシング界の松岡修造とも言われてるのだとか。

香川照之さんが残した名言(迷言?)の数々をまとめてみました。

・上で3度、下で1度!!!!

・ダウンのフルコース!!!

・マイクタイソンが負けた試合以来の興奮!!!

・子どものように感動しております!!!

・地球の地軸がずれるようなパンチ!!!

・先祖の墓までぶっ飛ばすようなパンチ!!!

・1000キロの岩を持ち上げたような衝撃!!!

・世界を切り裂く音がした!!!

・鍋からお湯をこぼしたような状態!!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドラマ「半沢直樹」にて、その高い演技力で一世を風靡した香川照之さん。

そんな香川照之さんが46歳という年齢で歌舞伎の門も叩きました。

何かと辛い現実や孤立などの話も聞きますが、その辛さをバネにこれからも頑張ってほしいいです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加