【本能寺の変】加藤諒はオネエ?広瀬すずとは大の仲良し!【ダンス】

a1180_006019

まゆげの太さが際立つ個性派俳優の加藤諒さん。

2003年の連続テレビ小説「こころ」を始め、ドラマ、映画、舞台、CMなど、幅広く活躍されています。

「さんま御殿」に出演した時にはでは、さんまさんにイジられオネエ疑惑が浮上したり、まさかのカツラだったことがバレるなど強烈なキャラで爆笑を誘いました。

今回はそんな加藤諒さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日:1990年2月13日
星座:みずがめ座
出身地:静岡県
性別:男
血液型:O型
職業:俳優
所属劇団:低気圧ボーイ(ズ)
スリーサイズ:B83 W66 H92
靴のサイズ:25cm
身長:160cm
体重:63kg
趣味:映画鑑賞
特技:ヒップホップダンス

「あっぱれさんま大先生」 でテレビデビューしていて、「マンガ顔」と呼ばれていて番組でも目立つ存在でした。同年に映画「金髪の草原」の子役として出演しました。

まゆげは自前で放っておくと繋がるそうです。

2003年13歳のころに中越典子さん主演のNHK朝ドラ「こころ」に出演したことにより俳優としての活動を始め、その後はドラマ「婚活刑事」の剣崎一郎役、「あまちゃん」では不良役、映画「ひらめき子役恋物語?子役に憧れるすべての親子のために?」舞台「ライブ・スペクタクル」でAD牧田役、舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」では秋道チョウジ役を演じたりされています。

「今夜くらべてみました」ではエグスプロージョンとのコラボで「本能寺の変」のキレキレダンスを披露しています。

スポンサーリンク

加藤諒のオネエ疑惑

普段の言動もオネエっぽい加藤諒さんですが、そのような噂が流れるのは2012年に放送されたドラマ「主に泣いています」にて、少女の心を持った趣味がお菓子作りの男の子、小桃宣親役を演じていたからだとも言われています。

また、ボディタッチが好きとのことで、学校で問題になって、職員室に呼び出しをされたこともあるそうです。

ちょうどその時、修学旅行の部屋決めをしている最中だったようで一人部屋にさせられた明かしていました。

マツコから「ホント、一切、男性には興味ない?」質問されると、「ないですね。でも・・・100パーないかって言われたら、わからないですけどね」と曖昧な返答も。

また、マツコから「あんた、なんで(胸のポケットに)サンフランシスコなんて書いてんのよ!あんたそれ、世界一のゲイタウンがある街よ!」と指摘され仰天するというさらなる驚愕の展開もありました。

クリス松村さんと同じ短パンスタイルなのも気になります。

加藤諒と広瀬すずは大の仲良し

加藤諒さんは2015年に放送されたドラマ「学校のカイダン」で共演した広瀬すずさんと大変仲がいいそうです。

最近では、ドラマ「怪盗山猫」の3話に加藤諒さんがゲスト出演されたことで再び共演されています。

2人は同じ静岡県出身で、地元もとても近いそうです。

よく2人で写っている写真がツイッターなどに上がっています。

加藤諒さんが出演されている、舞台「NARUTO」を広瀬すずさんが観に行ったこともあるそうです。

               広瀬すずはハーフなの?本名は?兄がイケメンだと話題に!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太い眉毛が特徴で非常に愛嬌のある加藤諒さん。

彼の憎めないキャラは多くの人に愛されていますね。

本業は俳優とのことですが、これからはバラエティーなどでも活躍の場が増えそうです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加