川村ひかるが若年性更年期障害を告白 原因はピルの服用中止

a1180_005405

人気グラビアアイドルとして活躍し、現在は健康管理士やジュニア野菜ソムリエなどの資格を生かした活動を行っているタレントの川村ひかるさん。

その川村ひかるさんが、「ノンストップ!」にて5年ほど前に若年性更年期障害を患っていた過去を告白しました。

5年前の31歳の時、ひどいめまいや頭痛、吐き気などの症状に悩まされるようになり、さらに急に大量の汗が出てくる“ホットフラッシュ”や大量の抜け毛などの症状も重なって「すごい老けたな」と感じていたが、医師に診てもらったところ、若年性更年期障害であることが判明したそうです。

今回はそんな川村ひかるさんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日:1979年10月18日
星座:てんびん座
出身地:東京
性別:女
血液型:AB型
身長:150cm
デビューのきっかけ:グラビアでの活躍を経てJAAアロマコーディネーター、健康管理士、野菜ソムリエジュニアマイスターを取得
趣味:ゴルフ、料理
特技:一輪車、水泳

短期大学に通学していましたが、2000年から競馬番組 「ウイニング競馬」に5年間、キャスターで出演しています。当時は学生の馬券購入が禁止されていたこともあって短期大学は中退したとのこと。

大相撲力士、大関・千代大海さんと交際していましたが、現在は破局しています。

「有吉ゼミ2時間スペシャル」で自ら会社を設立、大手カフェチェーンのメニュー開発、化粧品のプロデュースにも携わっており年収が3,000万はあると語ったっています。

川村ひかる一般人男性と結婚

川村ひかるさんは、2015年11月10日に40代の一般男性との婚約を発表しています。

2人は1年前に趣味のゴルフを通じて知り合い、神社へのデートなどで愛を育んできたとのこと。一般の方であることから名前や顔写真などは公表していないそうですね。

夫の胃袋をつかんだ料理は、レシピ本も出すほど得意としている「発酵食品」とのこと。

そして、現在の旦那さんに出会ったゴルフの日、急に激しい頭痛に襲われたのですぐにMRIの検査をしたところ、動脈瘤が見つかりました。

川村ひかるさん曰く「その日は私にとって、うれしいことと悲しいことが重なった、まさに人生の転機となる一日でしたね」とのこと。

スポンサーリンク

川村ひかる若年性更年期障害であることが判明

更年期障害とは閉経が近づいて卵巣機能が低下することで女性ホルモンのエストロゲンが急激に減り、身体・精神に不調をきたすものであり、その症状が10~30代でも発症するのが若年性更年期障害です。過度なダイエットやストレスでホルモンバランスを崩すことで見られることが多いです。

川村ひかるさんは23歳のとき子宮内膜症を患い、その治療でピルを服用していましたが、妊娠を希望する川村ひかるさんは排卵を止めてしまうピルの服用をいったん中止。その結果ホルモンバランスが崩れ若年性更年期障害を発症しました。

さらにホルモンバランスの乱れから体重もすごく落ち、体脂肪も10%を切り、物忘れがひどくなって同じ腕に2つ腕時計をつけたり、約束を手帳に書いても忘れてしまう状態だったそうです。

現在は症状も落ち着き、「こんな歳でも若年性更年期障害になったと理解してもらえれば、身近だと思ってもらえるし、治るということも伝えたかった」と公開に踏み切った経緯を伝えました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

脳動脈瘤や若年性更年期障害など様々な病気と闘ってきた川村ひかるさん。

本人も「岐路のたびに病気になり、勉強して吸収して、前進していく。病気はすごく悲しいですがそれの繰り返しのような気がします」と語っていたこともありますが、いつもそれを乗り越えてきました。

そんな彼女に励まされ、救われてきた方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加