ラヴソング(ドラマ)第4話あらすじと感想~空一がさくらへ熱いキス!今後の関係は?

a0002_006944

月9ドラマ「ラヴソング」、前回は神代広平(福山雅治)と佐野さくら(藤原さくら)は共にステージに立ちライブを行いました。

ライブ自体は成功したものの、アンコールで神代広平が舞台を降りることで佐野さくらは平常心を失い、トイレに駆け込んで泣き出してしまいました。吃音はだいぶん克服されつつあるようですが心が乱れると途端に声が出なくなる様子。そして佐野さくらにとっては、神代広平と一緒に歌っているときが一番落ち着くのでしょうね。

しかし神代広平は、今回のライブを機に20年前のあやふやなままだった過去を清算し、今後はまた音楽から距離を取る様子。果たして2人は再び共に音楽をすることはあるのでしょうか。

そして、作中で度々でてきた「みかさつかさ」とは一体何者でしょうか。佐野さくらのライブに来ており、歌声を録音していたグリスターミュージックの今後の動きも気になります。

それでは、「ラヴソング」4話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

神代広平(福山雅治)は、宍戸夏希(水野美紀)や他の女性たちの家を転々とすることをやめて部屋を借りた。引越しは、増村泰造(田中哲司)星田和夫(渋川清彦)、そして天野空一(菅田将暉)にも手伝ってもらったため、神代は『S』で慰労会を行う。

4人が飲んでいると、夏希が神代の忘れ物を届けに来た。神代と夏希の関係を詮索する空一だが、2人はいわゆる恋愛関係などは否定。納得できない空一に、笹裕司(宇崎竜童)は大人には男女の垣根を越えた関係もあると告げた。そんな話をしていると、店に1人の女性が入ってきて神代に名刺を差し出す。その女性、水原亜矢(りょう)の肩書きは、レコード会社のものだった。

その頃、アパートにいた佐野さくら(藤原さくら)は、中村真美(夏帆)の傍でギターの練習をしていた。さくらが真美から神代への想いをからかわれていると、空一が飛び込んで来る。そして、空一は水原がさくらをスカウトしに来たことを伝えた。無理だと拒否しようとするさくら。だが、空一の話から神代が夏希とは何でもなかったと聞いて…。

『ビッグモービル』の屋上で、神代とさくらはスカウトの件を話し合う。怪しい会社ではと疑うさくらに、神代は大きなレコード会社だから大丈夫だと請け負った。さらに、プロになれる可能性もあると言われたさくらは、レコード会社の人物と会うことに。そして、神代とさくらは、そろって待ち合わせの場所へと向かった。

スポンサーリンク

感想

前回の3話でグリスターミュージックの水原亜矢(りょう)からスカウトを受けた佐野さくら(藤原さくら)。面接では吃音のため、相手にいい感情を抱かれなかったと憤る佐野さくらですが、良くも悪くも印象を残すことが大事と諭す神代広平(福山雅治)。また、話の中で神代広平も以前はバンドを組んでいたことが明らかになり、その後、宍戸夏希(水野美紀)により神代広平と当時ボーカルを務めていた2人は過去にCDも出していたことが明らかになりました。そのボーカルをしていたという人は宍戸夏希の姉なのでしょうね。

しかし水原亜矢(りょう)は神代広平が佐野さくらの側にい続けるのであればグリスターミュージックは手を引くと言い出します。そこで一時は手を引き、本格的な面接を執り行う為に日時を決め天野空一(菅田将暉)の運転の元、面接会場に向かう佐野さくらですが、携帯電話を忘れた天野空一が取りに戻るため一旦戻りますがそこでトラブルに巻き込まれてしまいました。騒動は予想以上に大きくなり警官も駆けつけ、佐野さくらは事情徴収のために警察官に拘束され面接へ行くことができませんでした。せめて事情だけでも伝えようとした佐野さくらですが、警察官はそれも許可せずデビューの話は白紙になってしまいました。

後日、佐野さくらから面接に行くことはなかったと聞いた神代広平は直接、水原亜矢の下を訪れ、せめて録音したCDだけでも聞いてくれといいますが取り合いません。そして話は何故か神代広平の過去の話に移ります。水原亜矢は神代広平を大して才能のない凡人だと詰り、当時ヴォーカルを務めていた宍戸夏希の足を引っ張っていただけだと言います。その話の中でおそらく始めてそのヴォーカル(宍戸夏希の姉)の名前が明らかになりましたね。宍戸はるのだったかな。それにしてもどうして水原亜矢はあそこまで執拗に神代広平を責め続けるのでしょうか。神代広平と水原亜矢の過去の関係に何かあったのでしょうか。

一方、釈放された天野空一は佐野さくらの夢を潰してしまったとひどく落ち込みます。佐野さくらに謝り続ける天野空一ですが、天野空一は何も悪くないと責めることはありません。涙を流す天野空一を気遣い、涙を拭う佐野さくらですがそこでいきなり天野空一が佐野さくらにキスをしました。やはり天野空一は佐野さくらに想いを寄せていたのでしょうね。神代広平に突っかかってたのも、佐野さくらを取られたくないという思いの現われからでしょうか。

天野空一からの突然の告白(?)に佐野さくらはどういった対応をとるのでしょうか。佐野さくらは神代広平に想いを寄せているように見受けられるので三角関係になりますね。ドラマ「ラヴソング」、今後の展開も目が離せません。

ラヴソング(ドラマ)第3話あらすじと感想~ミカサツカサの正体は誰?

ラヴソング(ドラマ)第5話あらすじと感想~弦巻竜介(大谷亮平)はさくらに何を見出した?

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加