ラヴソング(ドラマ)第6話あらすじと感想~宍戸春乃への曲を佐野さくらへ!?

a0002_006377

月9ドラマ「ラヴソング」、前回は遂に佐野さくら(藤原さくら)が自分が本当にやりたい音楽を見出すことが出来ました。

野村健太(駿河太郎)との結婚を控える中村真美(夏帆)ですが、結婚が近づくにつれ、自身を捨てた母のように自分もまた子供をわずらわしく思うかもしれない。そんな自分に母親になる資格はあるのかと思い悩んでいる様子。そんな中村真美を見た佐野さくらは、今まではっきりしてこなかった「自分がやりたい音楽」をはっきりと自覚し、神代広平(福山雅治)の元へ教えを請いに向かいます。練習の時間が足らずにギターの演奏自体は不十分だったものの、佐野さくらの歌を聞いて自身の学生のころを思い出し元気を取り戻した様子。そしてそんな中村真美を見て、佐野さくらもまた、一度は断った結婚式のスピーチをやり遂げることを再び旨に誓いました。

一方、佐野さくらに宍戸夏希(水野美紀)の姉・宍戸春乃(新山詩織)の面影を見出している神代広平はグリスターミュージックとのやり取りに不満を持ち、以前からの付き合いがあるトップミュージックに務めている弦巻竜介(大谷亮平)に、以前ライブハウス「S」で行ったライブCDを渡します。自分はもうそういうことはやっていないと断ってきた弦巻竜介ですが、過去の自分と宍戸春乃を一番知っているお前にこそ聞いてもらいたいという神代広平の頼みに、「聞くだけ」と言いライブCDを受け取りました。

その場はそこで別れたものの、渡されたライブCDを聴き、また、ネットに投稿された佐野さくらの動画を見て佐野さくらに何かを見出したのか、弦巻竜介は神代広平に新しい曲を作るよう言います。そして神代広平はネットに投稿された、佐野さくらの動画の再生回数1万突破の打ち上げをしている「S」へ向かい、新しい曲を作ることを宣言しました。そして同時に、今後は自分が佐野さくらの面倒を見るから天野空一(菅田将暉)は佐野さくらから身を引けと一方的な宣告。

今後、2人はどういった関係を築いていくのでしょうか。また、新しく作られる詞にも非常に興味が湧きます。

それでは、「ラヴソング」6話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

レコード会社の弦巻竜介(大谷亮平)にラブソングを作るように言われた神代広平(福山雅治)は、宍戸夏希(水野美紀)にキーボードを借りて準備を始める。

一方、中村真美(夏帆)は、佐野さくら(藤原さくら)と天野空一(菅田将暉)を仲直りさせようと、野村健太(駿河太郎)も呼んで、アパートで食事会。だが、すでに2人の関係は修復済み。それどころか、さくらは別のレコード会社から声をかけられていることを、真美は空一に知らされた。しかし、真美は空一がさくらに、まだ想いを寄せていることを知っている。さくらは、空一ではなく神代を想っていることも…。

神代は、曲の打ち合わせをしようとさくらを呼び出す。カフェで会うと、さくらは神代の女性関係に興味深々。そして、神代は過去に一人だけ真面目に惚れた女性がいるとポツリとこぼす。ドキッとするさくらだが、神代には話を変えられてしまった。

神代は、自分のマンションにさくらを連れて行く。この日は、作曲用の機材セッティングの手伝いに増村泰造(田中哲司)も来ていた。増村がさくらを助手にセッティングを始めると、キーボードを前にした神代はすぐに作曲に没頭し始め、2人の存在も忘れたかの様子。その後、増村が帰ったことにも、神代は気づかない。一段落した神代は、さくらに詞を書いてみるよう宿題を出して、家に帰した。

間もなく、ブルームーン。神代の作曲、さくらが歌詞を担当するラブソング作りがスタートした。

スポンサーリンク

感想

弦巻竜介(大谷亮平)に言われてラヴソングを作ることになった神代広平(福山雅治)と佐野さくら(藤原さくら)。

増村泰造(田中哲司)から機材も借り、神代広平が曲作りに没頭してるうちにセッティングが済み、増村泰造も帰宅し部屋には2人きり。そこで神代広平が佐野さくらに宿題を出し、ラヴソングの歌詞を佐野が作ることに。

締め切りの前日、2人は神代広平の家で泊まりこみで徹夜して曲作りをすることに。作詞(恋の唄)と作曲は出来たものの、その2つを上手く合わせることが出来ずに外に散歩をすることに。散歩中、佐野さくらはブルームーンを見上げて「月が綺麗ですね」と告げます。佐野さくらの告白ととれる言葉を受けるも神代広平は、君なら「好き」という言葉をどのように例える?とたずねられ「好きなものは好き」と答えます。その後、無事に曲は完成し神代広平は眠りにつきますが、宍戸夏希(水野美紀)が差し入れにやって来たインターホンの音で目を覚ますと隣には佐野さくらの姿が。完成した曲「好きよ 好きよ 好きよ」の歌詞・曲はこちら
ラヴソング(ドラマ)6話で放送された挿入歌「好きよ 好きよ 好きよ」の歌詞・動画

神代広平の家に入ってきた宍戸夏希は、神代広平のベッドで眠る佐野さくらを見かけ同様を隠せない様子。そこで弦巻竜介が曲を受け取りにやって来て、宍戸夏希は逃げるように弦巻竜介の車で帰ることに。

車中で弦巻竜介は出来上がったばかりの2人の曲を聞きますが、なんとその曲は以前、神代広平と自分の姉・宍戸春乃(新山詩織)が一緒に歌った時の曲とそっくりでした。自身の姉との曲を、佐野さくらとの曲に使ったことそ知った宍戸春乃は車を飛び出してしまいました。

佐野さくらに思いを寄せる天野空一(菅田将暉)、天野空一に思いを寄せる渡辺涼子、神代広平に思いを寄せる佐野さくらと宍戸夏希、宍戸夏希に思いを寄せる弦巻竜介、そして神代広平は事故で亡くなった宍戸春乃のことが忘れられない様子。複雑に入り混じったそれぞれの思いは、今後どういった形を見せるのでしょうか。そして佐野さくらと曲の打ち合わせをするときに喫茶店で会った「のぞみ」とは神代広平とどういった関係なのでしょうか。

ラヴソング(ドラマ)第5話あらすじと感想~弦巻竜介(大谷亮平)はさくらに何を見出した?

ラヴソング(ドラマ)第7話あらすじと感想~ナイナイ岡村隆史が見切れ出演!?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加