【デスノート】松山ケンイチと小雪の結婚の馴れ初めは?【L】

a1690_000008

作品ごとの役柄によって演技・外見にいたるまで柔軟に転換させ、一貫して固定した役柄・イメージが存在しないことから「カメレオン俳優」「憑依型俳優」と言われる松山ケンイチさん。

今回、病と闘いながら将棋に全人生を賭け、29歳にして亡くなった実在の天才棋士・村山聖のノンフィクション小説「聖の青春」の映画化に伴い、主役を演じることが決まりました。

松山ケンイチさんは病気の影響で太った村山さんになりきるために徹底的に増量し、間食でハンバーガーやホットドッグなどを食べ続けているそうです。

あまりの激太りぶりに話題になるほどでした。

また、もともと将棋を嗜んでいた松山ケンイチさんですが、将棋セットを持ち歩き東京将棋会館に通い詰めて将棋を指し続けているようです。

「カメレオン俳優」の名の通り、役になりきることに一切の妥協を感じません。

今回はそんな松山ケンイチさんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日:1985年3月5日
星座:うお座
出身地:青森県
性別:男
血液型:B型
身長:180cm
デビュー年:2001年
デビューのきっかけ:2001年 New style audition グランプリ受賞
デビュー作品:PARCO 「Looking for a new ”new”」キャンペーンで本格的にモデルデビュー

和食好きであり、また下駄を愛用していてプライベートでも下駄で出かけることも多いようです。

芸能界デビューは親の薦めによるもので、本人は興味がなかったとのことです。

ドラマ「ごくせん(第1シリーズ)」で俳優デビューし、映画「ウイニング・パス」で初主演を演じます。

その後「デスノート」のL役を演じ、一気に注目を浴びました。

松山ケンイチの役作り

「カメレオン俳優」の名の通り、松山さんは出演する作品になりきることで知られています。

映画「NANA」に出演する際、ベースを一晩で一通り弾きこなせるよう練習した。

映画「GANTZ」の役作りのため、7kg増量した。

「セクシーボイスアンドロボ」出演に伴い、ロボットアニメを見直したりその主題歌を聞くなどして役作りを行った。「踊る!さんま御殿!!」では「『ガオガイガー』が大好き」と語っていた。

「親指さがし」に出演したことにより、親指を立てるのが癖になった。

などといった話が知られています。

今回出演される映画「聖の青春」でも、役に合わせて体重を増加させたり、東京将棋会館に通いつめていたりしているそうですよ。

スポンサーリンク

松山ケンイチの嫁は小雪

松山ケンイチさんは8歳年上の女優である小雪さんと結婚しています。

               小雪がショートカットにしない理由は?実は天然パーマ!?

年の差結婚ですね。

2人は2009年に公開された映画「カムイ外伝」の共演されたことがきっかけで出会いました。

「カムイ外伝」にて、本来ならスガル役を菊池凛子さんが演じる予定だったのですが、撮影中に肉離れを起こしてしまい降板し、代役に小雪さんが選ばれました。

その出会いに、松山ケンイチさんは運命的なものを感じて小雪さんに積極的にプロポーズしたようです。

最初は「年下は考えられない」と語っていた小雪さんでしたが、真摯にアタックし続ける松山さんにほだされていったようですね。

2人の子供について

小雪さんは、2012年の1月5日に男児を出産、翌年の2013年1月10日に第2子となる女児を出産し、2015年7月8日に第3子となる次男を出産しています。

2人目の女の子は韓国で出産していることで話題になりましたね。

女の子の国籍がきになるいところですが、松山ケンイチさんも小雪さんも日本人なのでそのお子さんも国籍は日本ということになるそうです。

また、小雪さんの出産の際に松山さんも立ち会っていたそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

高い演技力を持ち、徹底的な役作りをする松山ケンイチさん。

「聖の青春」では、これまでにない驚異的な役作りで精神面、肉体面の両方から村山聖を熱演して

おり、原作者の大崎善生さんもあまりにも村山聖さんに似ており驚いたそうです。

「聖の青春」での松山ケンイチさんの演技力に期待です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加