室井滋、続編映画「ファインディング・ドリー」にて声優続投!

a0008_002238

自主映画の女王」と呼ばれる室井滋さん。

その名称の通り、様々なドラマや映画に出演されています。

そしてこの度なんと、ピクサー映画「ファインディング・ニモ」の続編「ファインディング・ドリー」に声優として、前作も一緒に声優を務めた木梨憲武(とんねるず)さんと共に出演することが決まりました。

室井滋さんはドリーの役を演じます。

「ファインディング・ニモ」は興行収入110億円を記録した大ヒット映画で、注目は高まります。

室井滋さんも「再びあのドリーに会えるなんて夢みたいです。しかも今回は『ファインディング・ドリー』だって言うじゃありませんか。もううれしくって宝クジ当たったみたいです」とコメントをしています。

今回はそんな室井滋さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

出身地:富山県
性別:女
血液型:O型
身長:160cm
趣味:テニス

早稲田大学在学中にシネマ研究会に所属していましたが、大学は7年で中退しています。

大学在学中の1981年、村上春樹原作の映画「風の歌を聴け」で劇場映画デビューし「やっぱり猫が好き」がヒットし、一躍人気者となりました。

事実婚状態?同棲相手はあの人

室井滋さんは結婚はしておらず、1992年から映画監督長谷川和彦さんとずっと同棲を続けています。

長谷川和彦さんは「青春の殺人者」で初監督、そして1979年に沢田研二さんを主人公に「太陽を盗んだ男」を監督しております。

一時期は若者のカリスマ的存在になりましたが、現在は監督業はしていません。

長谷川和彦さんは以前は結婚していますがその後に離婚しています。

それから室井滋さんとはずっと同居を続けており、事実婚のような状態なようです。

現在はイラストレーターとして室井滋さんと、「チンチンボンボちゃん」「しげちゃん」など二人で絵本を作っています。

スポンサーリンク

都市伝説「偽の警察官」

みなさんは「偽の警察官」といった都市伝説をご存知でしょうか。

話の内容を聞けば、一度は聞いたことがあるといった方もおられると思います。

実はこの都市伝説の元ネタは室井滋さんとのことです。

以下が「偽の警察官」の内容です

ある女性が深夜、仕事からの帰り道、黒い服を着た男が走っていく姿を目撃する。
その翌日、女性がテレビ番組を見ていると、自宅の近くで殺人事件があったことを知る。同じ日、制服の警察官がやって来て「この近所で殺人事件があったのをご存知だと思うのですが、その件に関して何か心当たりはございませんでしょうか。」と、聞いてくる。女性がドア越しに「何も知らないです。」と返答すると、警官は、「事件のせいでこの周辺の警備が強化されておりまして、私はパトロールでこの付近を巡回しています。また後日同じ時間にお尋ねしますのでその時に、もし何か思い出した事がございましたらどんなささいな事でも構いませんので教えてください」という旨の言葉を残して去っていく。
翌日も、翌々日も、その翌日も、決まった時間に警官は来る。女性は仕事熱心で立派な警察官だなと思いつつ、やはりドア越しに「知らない。」と答え続けていた。
そんなある日、いつもの様に警官が帰った後、女性は事件当日に黒い服の不審な男を見た事を思い出す。明日警官が来たら、その事を話そうと女性は思う。
次の日の朝、女性がテレビ番組を見ていると、例の事件の犯人が捕まったとのニュースが流れる。だが、女性は犯人の写真を見て驚愕する。捕まった男は、自分の家に聞き込みに来ていた警察官その人だった。あるいは彼が警察官に扮装し、女性が事件に関係する事を思い出さないか監視し、もし思い出せば口封じに殺害してしまおうと狙っていた犯人だったのだ。

いかがだったでしょうか。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」や「世にも奇妙な物語」などでも放送されたことがあるので知っている方も多いと思います。

では、この話の真偽はどうなのでしょうか。

普通、このような聞き込みは抵抗や逃亡を防ぐために2人以上のチームで行う事が多く、正式な聞き込みを行うということであれば、警察は対象者を調べた上である程度不審人物としてマークしているということを意味します。

この話のように何回も聞きに来るようなケースであれば相当に怪しいとみているそうです。

この話が本当なら、その警察官は室井滋さんを怪しいと踏んで聞きこみをしていることになりますね(警察官が1人しかいないなどの矛盾は有りますが)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

数多くの作品を演じている室井滋さん。

7月に公開される映画「ファインディング・ドリー」のアンドリュー・スタントン監督も「前作に続いて、本作でも、室井さんと木梨さんにドリーとマーリンの声優を担当してもらうことに感激しているよ! 二人はユーモアと感動を完璧なバランスで織り込んで、ドリーとマーリンを演じてくれている。」と演技力の高さに信頼も期待もおいている様子。

映画の公開が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加