岡田みはるが異例の1年で降板!号泣事件の真相に迫る!後任は誰

a1380_000155

昨年12月、NHK山形放送局のローカル番組「ニュースやまがた6時」で天気予報中に号泣した気象予報士・岡田みはるさん.

その岡田みはるさんが、「ニュースやまがた6時」を3月25日をもって降板することが明らかになりました。

「NHKの気象キャスターは最低でも2~3年は続けるのが通例」であり、1年で交代することになった岡田みはるさんは異例で、事実上の契約解除とみられています。岡田みはるさんは出演継続を希望していましたが、結果的に(号泣事件の)騒動の責任をとらされる形での鋼板になったそうです。

岡田みはるさんの後任については「事前にキャスターやリポーターの発表は行っていない」とのことで、まだ公表はされていないようです。

今回はそんな岡田みはるさんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

生年月日:9月20日
出身地:長野県
星座:おとめ座
最終学歴:信州大学、早稲田大学
所属事務所:ウェザーマップ

岡田みはるさんは、2005年10月8日に歌手グループ煩悩ガールズの一員としてデビューしています。普段から露出の多い服をよく着ており、写真集「煩悩ガールズ 密封 写真集」では超ミニスカート姿も披露していますが、実際は笑顔が少なく繊細な性格でよく泣いている姿を見かけられていたそうです。

ちなみに煩悩ガールズ は期間限定ユニットで、除夜の鐘(108)にちなみ同年12月31日に解散しています。

スポンサーリンク

NHK山形での岡田みはるの号泣事件

「NHKニュース やまがた6時」の天気予報を、気象予報士の岡田みはるさんが務めていましたが放送中に泣き出すことが起こりました。

番組の始まりはいたって普通に天気の解説をしていた岡田みはるさんですが、新庄市の天気や気温を伝えるときに問題が起きました。岡田みはるさんが、「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう。冷たい北西の風が…」と紹介しましたが画面に映ったのは新庄市。画面外から「新庄、新庄」とのディレクターらしき声がかかり、「え、現在の新庄市の様子です」と言い直しました。

そのことで岡田みはるさんは動揺してしまい、涙声になってうまく原稿も読み上げられずに、その後もすすり泣き予報になりませんでした。

その後は番組を休養していた岡田みはるさんですが、12月7日放送で番組に復帰し、「この度はご心配をお掛けし、大変申し訳ありませんでした」と“騒動”を謝罪し、「今日から再び、気象情報を担当させていただきます。分かりやすくて役に立つ、山形県の気象情報をしっかりと確認してまいります。引き続きよろしくお願いいたします」と視聴者に向けてコメントしました。

岡田みはるさんは局内でいじめを受けており、お天気図をバラバラに破られていたといった話もあるそうです。今回の事件ももしかしたらいじめが絡んでいるのでは?と疑問視する声もあるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

通例だと2年は続けるお天気キャスターを1年での辞任。本人も継続を望んでいたとのことですので一方的な契約解除になるのでしょうね。

今回、一連の事件をまとめたところ、岡田みはるさんには何の落ち度もなく周囲のミスのツケを支払わされたという形に見えてしまいます。

はっきりとした真相については、今後語られる日が来るのでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加