大塚明夫が語る父・大塚周夫への想い 親子での数多の共演

a1380_000174

メタルギアソリッドの主人公「ソリッド・スネーク」、「スティーブン・セガール」、「ブラック・ジャック」と数々の声を担当しているマウスプロモーション所属の声優・大塚明夫さん。

その大塚明夫さんが、ドラマ「真夜中の百貨店~シークレットルームにようこそ~」に俳優として出演されることが明らかになりました。

大塚明夫さんは、今回が実写ドラマ初主演となり、「裸になる気分です」と自身の心境を明かし、「それが恐ろしいと言えば恐ろしい。襲い掛かってくるプレッシャーと、いかにそれを楽しめるかという、おのれとの戦いがとっても楽しく、なんか燃料になる気がする」と意気込みを語りました。

今回はそんな大塚明夫さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日:1959年11月24日
星座:いて座
出身地:東京
性別:男
血液型:B型
身長:182cm
体重:73kg
特技:空手
代表作:攻殻機動隊 (バトー)
    メタルギアソリッド (ネイキッド・スネーク)
    ブラック・ジャック (ブラック・ジャック)

顔出しNGではなく、「しゃべくり007」で松坂桃李さんが「いま、会いたい人」として大塚明夫さんの名前を挙げたものの出演はなく、その理由を日本テレビ側が「顔出しNGのため来られませんでした」とコメントした件について、大塚明夫さんは顔出しNGではない旨を明言しました。

2015年にキャッチコピー「声優だけは やめておけ。」と書かれた『声優魂』を星海社より出版しており、これまでの経験を交えた持論や声優業界の実情を以て、“声優に憧れる若者”へ向けての警鐘と覚悟を問う書籍として注目を集めています。 

スティーブン・セガールの吹き替えも担当しており、スティーブン・セガール本人が来日後、大塚明夫さんの吹き替えを聞いて、「自分の声がこんなにカッコ良くなっていた」と大変驚いていたという逸話があるのだとか。

父・大塚周夫との関係

大塚明夫さんは幼少時、「泣き声がうるさくて台本が読めない」と父に押入れへ入れられたり、父である大塚周夫さんが「ゲゲゲの鬼太郎」でねずみ男を演じていたことから学校で「小ねずみ男」「ねずみ小僧」などとからかわれたことが原因で役者になるつもりは毛頭なく、23歳まではトレーラーの運転手をしていましたが、好きになった女性に「男の人は夢があるほうが素敵」と言われ交際を断られたことがきっかけで役者を目指すようになりました。

頑固者な父との関係は難しいものがあったが、父同様に役者の道に進み、さらに声を中心とする声優業が中心となったことで、次第に父と打ち解けられるようになったようです。現在では親子揃っての共演も多く、メタルギアソリッド4では、オールド・スネークとビッグ・ボスという親子役を親子で演じています。またメタルギアソリッド3のネイキッド・スネークとビッグ・ボス、キングダム ハーツ バース バイ スリープのゼアノートなど同一人物の壮年期と老年期1つの役を親子2代で演じたこともあります。

大塚明夫さんは、父の仕事で「ねずみ男」が一番凄いと思っており、「どこにも居場所が無くて、ただ怖くて、人を騙し、利用し、自分より強い相手には媚び、弱い相手からは得をちょろまかそうとする」複雑なキャラクターを見事に演じきってみせた事を誇りに思っているとのこと。

スポンサーリンク

元妻・沢海陽子との関係

大塚明夫さんは2005年2月11日に同じ務所所属の声優・沢海陽子さんと結婚していますが、2008年2月に離婚されています。

しかし、夫婦間の不仲による離婚ではなかったためその後も度々共演しており、『レジェンド・オブ・ゾロ』では、大塚明夫さんが主人公のアントニオ・バンデラス、そして妻の沢海陽子さんがキャサリン・ゼタ=ジョーンズの吹き替えを担当しており、夫婦であった2人が映画の中でも夫婦役を演じました。

『ブレイド2』や『ファイナルファンタジーXII』では、大塚周夫さんを交えた3人での競演をされています。

ソリッド・スネーク大塚明夫

大塚明夫さんは、小島秀夫監督から「ネイキッドは人間くさい男です」と言われたため、自分自身の中で最も人間くさい部分である「生身の大塚明夫」そのものをモチーフに演じた結果、「まんま俺だよ」と言ってもいいくらいのキャラクター像が出来上がったとのこと。

スネーク役に抜擢された理由として小島秀夫監督は『機動戦士ガンダム0083』のアナベル・ガトー役を観たことと、メタルギアシリーズの隠れたテーマである「父を超える」に、親子で同じ職種である大塚父子がぴったり当てはまったから、と語りました。『メタルギアソリッド4』は、ソリッド・スネークの父親にあたるビッグ・ボスが再登場するので、「ビッグ・ボスの声を周夫さんにやってもらいたい」と、親子での共演が実現に至ったそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本を代表する声優の1人であると言っても過言ではない大塚明夫さん。

最初は父との確執がありながらも、多くの作品で共演されていたのですね。

そんな大塚明夫さんがこの度演じる実写ドラマ「真夜中の百貨店~シークレットルームにようこそ~」では、大塚明夫さんの新たな一面を窺い知ることが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加