柴田恭兵、奥さんと肺がん生活を乗り越え現在あぶない刑事へ復帰

a1380_000065

恭サマの愛称で知られている柴田恭兵さん。

若いころはスピード感があり、フットワークの軽いつかみ所のないキャラクターを演じてられましたが、壮年期に入ってからは重厚・熱血といったキャラクターの役をやることも増えてきましたね。

柴田恭兵さんと言えば、映画「さらば あぶない刑事」のプレミアムイベントにて俳優の舘ひろしさん、浅野温子さんと開催されたことが記憶にあたらしいですね。

          舘ひろし主演「あぶない刑事」ついに完結!語られるエピソード

          「あぶない刑事」浅野温子の息子と旦那はどんな人?舘ひろしべた褒め

その際に、柴田恭兵さんが「数年後に『さらばと言ったけど、ちょっとボケてるあぶない刑事』やるんじゃないか」と続編を匂わす発言をされました。

本人の願望も入っているのかもしれませんが、「もしかしてもっとあぶない刑事を見れるのか!?」と期待してしまいますね。

さて、今回はそんな柴田恭兵さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

プロフィール

本名:柴田 恭兵
生年月日:1951年8月18日 
出生地:静岡県清水市
    (現:静岡県静岡市清水区)
身長:176 cm
星座:しし座
血液型:AB型

柴田恭兵さんは野球を趣味としており、なんとアメリカのセントラルリーグの入団試験も受けたことがあるそうです。

試験には残念ながら落ちてしまいましたが、チームの計らいで1日だけの契約を結び、プロ野球選手として公式戦に1試合出場したことがあるそうです。

その際の成績は4打数2安打1盗塁でした。

プロを相手にこれだけの成績を残せるってすごいですね。普通にすごい数字だと思いますが。

また、柴田恭兵さんはサングラスもよくかけておられますね。役柄からの指定なのか自身の趣味なのかはわかりませんが、柴田恭兵さんがかけられたサングラスのモデルがよく高額でオークションされています。

柴田恭兵のデビューは東京キッドブラザース

柴田恭兵さんは故郷の同級生がスタッフをしていたミュージカル劇団「東京キットブラザーズ」の舞台を観劇した時に、主催の東由多加さんと出会っています。

その後、大学を卒業し1年ほど服飾関係の営業サラリーマンとして働きますが、東由多加さんの誘いを受けて役者の世界に入り、1975年に「十月は黄昏の国」にてデビューを果たしました。

スポンサーリンク

柴田恭兵の奥さんと子供

柴田恭兵さんは1983年に元モデルの奥さんと結婚しました。

奥さんは再婚とのことで、長男の智大さんは連れ子とのことです。

その後、2人の間に長女、次男が誕生します。

しかし、2004年12月に次男が心臓発作でお亡くなりになりました。

元から気管支喘息の持病があったとのことです。

柴田恭兵、肺がんに

柴田恭兵さんに2006年に肺がんが見つかりました。

がんは幸いに初期のもので、転移もありませんでしたがその後、2年ほど抗癌剤治療をされます。

抗癌剤は副作用がとてもきついと聞きますし、辛い闘病生活だったでしょうね・・・。

復帰後も魅力は衰えず

無事に闘病生活を乗り越えた柴田恭兵さん。

復帰後も、ドラマ「ハゲタカ」や現在も続く「さらばあぶない刑事」など出演を果たします。

若いころのスピード感あふれる演技はもう難しいですが、大人の魅力あふれる演技に今後も期待ですね。

ちなみに「ハゲタカ」にて多用される「関係ないね」は、柴田恭兵さんが1980年代のポッカコーポレーションの缶コーヒーのCMにて使われたフレーズです。

柴田恭兵さんのマネと言えばこれ、と言われるほど広まったそうですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

辛い闘病生活を乗り越え、今も活躍を続ける柴田恭兵さん。

柴田恭兵さんを陰で支え続けてくれた奥さんと、今後もニ人三脚でがんばってほしいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加