怪盗山猫(ドラマ)最終回あらすじと感想~明かされる結城天明の正体!

a0001_016591

ドラマ「怪盗山猫」の最終回が放送されましたね。

前回はカメレオンだったが勝村(成宮寛貴)が山猫(亀梨和也)を撃ち、重症。真央(広瀬すず)と里佳子(大塚寧々)も勝村により処刑されてしまいました。ニュースでは2人は死亡したことになっていましたが果たして本当なのでしょうか。

物語りも最終回を迎え、どんどんと明かされる事実。山猫と勝村は、同じくスパイとなる為に訓練をしていた元仲間であり、同じくスパイになった赤松杏里(中松静香)の姉はカメレオン(勝村)により処刑されていました。そのことを知った杏里は勝村に襲い掛かるもあっけなく返り討ち。

一方、山猫は犬井から尋問を受けていた関本(佐々木蔵之介)を警察署から救い出し勝村へリベンジマッチを宣言します。最終回は勝村とのバトル展開もあるのでしょうか。

そして最終回を迎えても、未だに明かされないユウキテンメイの正体。ユウキテンメイとはいったい何者で何を企んでいるのでしょうか。

それでは、物語の大詰めを迎えるドラマ「怪盗山猫」の最終回を振り返りながら感想を述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

勝村(成宮寛貴)に裏切られ、逆襲を狙う山猫(亀梨和也)。彼は、関本(佐々木蔵之介)とともに、結城邸へ向かう。二人のターゲットは、屋敷のどこかにある旧日本軍の莫大な隠し財産と、結城の命だった。山猫と関本は、警察の目をかいくぐり、結城邸を守るボディガードたちと戦いながら屋敷の中へ潜入する。

関本は山猫に、隠し財産があると見られる地下へ行くように指示し、自分が結城を探し出して殺すと告げる。関本に教えられた通りに地下へ向かう山猫を、勝村が待っていた。二人は、ぶつかり合い、死闘を繰り広げるのだった。ボロボロになりながらも、屋敷の奥深くへと進む山猫。ついに、目指す場所へたどり着いた彼の前に、思いがけない真実が待っていた…!

スポンサーリンク

感想

思いっきり予想をはずしてしまいましたあああああ!

遂にゆうきてんめいの正体が判明しましたね。ゆうきてんめいは作中の誰かということではなく、戦後から裏で世界を支え続けた人物とだけ明かされました。しかもゆうきてんめいは既に亡くなっており、莫大な埋葬金の一部を使って脳を人工知能に移植したとか分かるわけないです。

関本は関本でやっぱり結城天明の元にくだっているし・・・。ちなみに、結城天明が目指していたのは平たく言えば「現状維持」でしたね。豊かになりすぎた日本は現状を変えてまで何かをしたくない。利益の一部を他国にまわしてでも現在の生活を続けていくのが結城天明の目的だったようです。関本もその考えに共感して結城天明の元に付いたようです。

勝村の正体には山猫は最初から気づいていたようですね。勝村が物語り冒頭の山猫の記事にて用いた武士道の一節。どうやら武士道の本は一般には出回っていないようで、そこから勝村の正体に結び付けていたようです。

最終回はバトルアクションもすごかったですね。勝村とは銃を交えた肉弾戦。関本とは剣戟アクション。かっこよかったです。

うん・・・。言いたいことはこれ位でしょうか。山猫が世直しためにと行ってきた数々の行動は、結城天明の都合のいいように手のひらで踊らされており、今まで盗んできた金は結城天明の活動資金に使われていた。日本のためにと思ってとっていた今までの行動も無意味で、しかも本当は日本のためではなく自分の人生を台無しにしてきた結城天明に一矢報いる為に取ってきたのではと絶望した山猫は自害をしようとしますが真央の説得で思いとどまる。終わり。

何の解決にもなっていないように見えますが、本当にここで終わってしまいました。真央の説得後、すぐに警察が駆けつけますが山猫はもとより、倒れたはずの関本もいない。結城天明についても特に触れられることもなく、捜査本部も解体しました。病院に運ばれた勝村もどこかに行ってしまったようです。

1年後、少年院から出てきた真央がいつもの拠点のバーに向かいますが当然の如くもぬけの殻。里佳子と落ち合う予定だったらしく、lineでやりとりした後、例の音痴な歌が聞こえて(場面は映されませんでしたが)山猫が出てきて終わりました。

なんかスッキリしないですねー。結局あれから山猫はどうしているのでしょう。今までのように義賊のようなことをしてるのかな。関本は?警察にはいられないだろうし山猫と一緒?っていうか生きてるの?結城天明に至っては警察の圧力であやふやなまま終わる始末。細田はうかばれないし、杏里も手のやり場がない感じじゃないでしょうか。スパイの3人の内の明かされていないもう1人についても触れられませんでしたね。今もスパイとして山猫たちとは関係なく活躍しているのでしょうか。

最後が少しはしょり過ぎた感は否めませんが、これにてドラマ「怪盗山猫」はおしまいです。

最後に、読者のお頼りコーナーにて、結城天明の例のマスクは生命維持装置といってましたが結城天明はもう亡くなってましたよね。あれはどういったことなんでしょう。軽いノリで言ってたので真剣に受け取らないほうがいいのかな。また、杏里は姉とは腹違いの韓国人とのハーフらしいですね。大事なことをさらっと言われた様な気がします。

怪盗山猫(ドラマ)第9話あらすじと感想~明かされる山猫と勝村の過去!

怪盗山猫(ドラマ)最終回!展開を予想、考察してみた!結城天明の正体は?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加