怪盗山猫(ドラマ)の総評 視聴率がすべてじゃない

a0001_016593

ドラマ「怪盗山猫」が遂に最終回を迎え、すべての放送が終わりましたね。

そこで、今回はドラマ「怪盗山猫」を振り返って感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

まず、一番印象に残っているのはKAT-TUNの亀梨和也さん演じる山猫ですね。強烈な個性で私達を惹きつけてくれました。普段は飄々としていながらも、自分の信念「コア」に通じる部分では真剣な表情を見せ、時には鬼気迫る演技を見せてくれましたね。山猫が自身のバイブルとしている「武士道」も、きちんと物語の核心に絡めておりよかったと思います。ただ、個性を強くしようとするあまり、少しやりすぎた感もあります。山猫が相手のコアについて迫る時はヒートアップして何を言っているのか聞き取れなかったときもありましたし、おそらくキャラ付けのためであろう「音痴」設定は正直入らなかった気もします。特に物語に絡むわけではないのに、ほぼ毎話音痴な歌を聴かされるのは正直辛かったです。周りのリアクションもほぼお決まりのパターンでしたしね。同じくキャラ付けであろう「水虫」設定位の出し方で良かったのではないでしょうか。

次に印象に残っているのは成宮寛貴さんが演じた勝村英男でしょうか。物語のメインキャラである山猫一味の中では、成宮寛貴さんの演技力が頭一つ抜けて優れていたように感じました。山猫に振り回されながら常に一緒に行動し、なにかと暴走しがちの山猫のブレーキ役として上手く機能していたと思います。カメレオンとして作中本性を表したときは、今までのどこかお人よしそうな印象を与えていたのが一変し、本当に今までと同じ人が演じているのかと思うほど、上手く役柄を変えられていました。ただ、相棒でのダークナイトといい、今回の怪盗山猫でのカメレオンといい、似たような役が続いてしまったので今後の成宮寛貴さんが出演されている作品を観ても、「実はなにかあるんじゃないか」とおもってしまいそうですね。

他にも、広瀬すずさんが演じた高杉真央、大塚寧々さんが演じた宝生里佳子と魅力的な人物が「怪盗山猫」を盛り上げてくれました。ゲストとして出演された堀北真希さんによる亀梨和也さんとの共演「野ブタパワー注入」は当時、作品のファンだった方は嬉しかったのではないでしょうか。個人的には塚地武雅さんが演じる細田政生が物語り冒頭で退場してしまったことでしょうか。結構いいキャラだと思っていただけにショックでした。ただ、退場した後も回想として登場したり、物語の核心に最初に迫ったりと結構活躍はされていましたよね。

物語を彩る登場人物に関してはこれ位でしょうか。他にも霧島さくら(菜々緒)や関本修吾(佐々木蔵之介)についてなど、言いたいことはたくさんありますがキリがなくなちゃいますので。

次は肝心の物語の内容について迫って行きたいと思います。物語の前半は悪事を働いて、不正に金を得ている相手から金を盗み出す、といった話しが続きました。その後はだんだんと、物語の核心である「ユウキテンメイ」の単語が見え隠れするようになり、山猫がどうしてこのような盗みをしているのかも明らかになりました。物語前半では、断片的に物語の核心に迫る伏線を散らばめており、後半で一気に回収するといった感じになりましたね。ただ、前回の最終回での感想でも書きましたが、少し終わり方が唐突過ぎたように感じました。尺の都合上あのようにしなければならなかったのか、最初からそのように話を進めるつもりだったのかは分かりませんが。

私は原作は読んでいないのですが、「ゆうきてんめい」はドラマのオリジナルキャラだったようです。原作に登場していない人物を出すことで、原作を読んでいる人にも物語を楽しんでもらおうとした結果出てきたのかもしれませんね。ただ、折角出すのならゆうきてんめいの正体は、物語の既存のキャラの誰かにしてもらったほうが、正体は誰なのかと推測して楽しめましたし、この人物が黒幕だったのか!と意外性を楽しめたと思います。まぁ、結城天明は実は死亡していて、マスクの下は骸骨。脳だけを人工知能に移植していました。というのも十分意外性はありましたが。これって黒幕の正体について推測していて当たった人っていたのでしょうか。

最後の終わり方だけは少し納得行かない部分もありましたが、私は「怪盗山猫」は十分に楽しかったともいます。亀梨さんはこれから休業に入り、しばらくドラマの出演はされなくなるようですね。少し残念です。

亀梨和也がしゃべくり007にてKAT-TUNの復活を約束!

ネットでは視聴率が最初は良かったのに、どんどん落ちていったことについて色々言われていましたけど、それだけこのドラマに対する期待が強かったということなのでしょうね。後半は視聴率も盛り返していましたし、十分私達の期待に応えてくれたのではないでしょうか。

最後にドラマ「怪盗山猫」の視聴率の推移をまとめて締めようと思います。

第一話:14.3%、第二話:13.6%、第三話:11.1%、第四話10.0%:、第五話:7.9%、第六話:12.4%、第七話:10.1%、第八話:9.3%、第九話:9.6%、第十話(最終回):

最終回の視聴率は公表され次第追記致しますね。

ドラマ「怪盗山猫」感想一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加