怪盗山猫(ドラマ)第6話あらすじと感想~堀北真希と野ブタパワー注入!

a1600_000108

ドラマ「怪盗山猫」の第6話が放送されましたね。

開始早々、堀北真希さんが出演されましたね。

「ヒガンバナ」とのコラボで堀北真希さんが出てくることは分かっていたので、わくわくして観てたら、唐突に何の脈絡もなく、山猫(亀梨さん)が堀北真希さんに向かっていって

山猫(亀梨和也)「野ブタパワー注入」
堀北真希「注入」
とのやり取りは笑ってしまいました。

堀北真希さんとの絡みはそれきりでしたけど、ヒガンバナで斉藤工さんと窪田正孝さんとコラボ共演したときはほとんど絡みもなかった(全くなかった)のでそれに比べたらだいぶん良かったですね。

             堀北真希、芸能界引退か?その真相に迫る!ヒガンバナが最後?

では、「怪盗山猫」の6話を振り返りながら感想を述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

悪事を行う人間に対して制裁を加える武装集団・ウロボロスが、次々と暴力事件を起こして問題になっていた。ウロボロスは、侠武会組長の中岡(笹野高史)を襲撃。

山猫(亀梨和也)は中岡から「ウロボロスの正体を突き止めてほしい」と頼まれる。

ウロボロスの正体は、アジアンマフィアのサーペントと考えられた。山猫は、勝村(成宮寛貴)をウロボロスに潜入させて情報収集することに。

しかし、山猫は杏里(中村静香)から、ウロボロスの正体はサーペントではないという情報をもらう。

そんな中、杏里がウロボロスに捕えられる。勝村が杏里を助けようとするが、彼も一緒に捕まってしまう…。

スポンサーリンク

感想

犬井の山猫に対する執念の深さの理由が判明しましたね。

以前建設会社と政治家の癒着があり、それを山猫が暴き、山猫の過剰なパフォーマンスもありバッシングがひどく建設会社の社長は拘置所内で自殺、その妻も後い自殺して1人の子供が残された。

犬井はその子供を預かり、その息子の無念を晴らす為にどうしても山猫を捕まえたいんですね。

今回のやり取りで(「お前牛乳は好きか?」「当たり前だのクラッカー」)で、犬井は山猫の正体に気づいたと予測されますが、今後どのように動くのか非常に気になります。

また、警察病院から勝村を救ったときに、勝村が山猫に涙を見せていたのが少し驚きました。

自分の中で勝村はカメレオンだろうと予想していたのですが、あの涙でもしかしたらカメレオンの正体は勝村じゃないのかな、と思ってきてしまいました(単純すぎかな・・・)

カメレオンと言えば、杏里の目的も判明しましたね。

杏里の目的は山猫と同じく「ユウキテンメイ」への復習。

杏里の姉は「ユウキテンメイ」の懐刀であるカメレオンによって殺害されており、杏里はその復習の為に動いているとのこと。

今回の話で杏里は銃で撃たれた後に姿を消してしまいました。自力で逃げ出したのか、ウロボロスによってどこかに連れ去られたのか。後者の場合はどうしてそのようなことをしたのか。謎は深まります。

藤堂とウロボロスとの繋がりもまだはっきりしませんね。

両者の思想は突き詰めれば似たような思想ですので繋がっている可能性は十分ありそうです。

山猫は藤堂がウロボロスと繋がっていると確信しており、ウロボロスを警察病院にけしかけ勝村をどさくさに紛れて救い出したようです。

その情報はどこから来たのでしょうね。杏里が教えたのかな。

ただ、ラストで関本が藤堂にウルボロスとの繋がりについて言及したときに、「カジノ計画を推進する貴殿に制裁を下す」と書かれた予告状を見せたので無関係なのかな?

自演の可能性も十分にあるでしょうが。

まだまだ謎が尽きない怪盗山猫。次回も楽しみですね。

       怪盗山猫(ドラマ)第5話あらすじと感想~明かされるさくらの父の死の真相

        怪盗山猫(ドラマ)第7話あらすじと感想~ウロボロスの正体が明らかに!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加