怪盗山猫(ドラマ)第8話あらすじと感想~カメレオンの正体は勝村だった!

a1620_000127

ドラマ「怪盗山猫」の第8話が放送されましたね。

いよいよユウキテメイと接触を果たした山猫。

ユウキテンメイの候補でもあった藤堂(北村有起哉)は自殺してしまい、いまだに正体も明かされていません。

物語りも大詰めを迎えてきた第8話、どのような進展を迎えるのでしょうか。

では、「怪盗山猫」の8話を振り返りながら感想を述べていきたいと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

ついに結城天明と対面した山猫(亀梨和也)。結城は山猫に「貴様は何も変えられない」という言葉を残して姿を消す。山猫は、ついに足元を掴んだ結城の隠す、莫大な政治資金を盗んで結城の失脚を狙う。関本(佐々木蔵之介)が調査を開始すると、警察歴史館に結城に関する資料が保管されているということが分かる。

その資料が、金塊を見つける手がかりになると思われた。チーム山猫は、警察歴史館から結城に関する資料を盗み出すミッションを開始。山猫と勝村(成宮寛貴)は建物の中に侵入。しかし、犬井(池内博之)ら警察の追っ手が、山猫たちのすぐそばに迫っていた…。
山猫たちのラストミッションが動き出す。しかし、そこには悲しい出来事が待っていた…。

スポンサーリンク

感想

やっぱりカメレオンの正体は勝村(成宮寛貴)だった!

予想されていた方も多かったと思いますが、カメレオンの正体はやはり勝村でしたね。

まず、流れとして、7話のラストで接触を果たしたのはユウキテンメイのホログラムで正体を暴くことは出来ませんでした。

ユウキは山猫(亀梨和也)に「お前は失望した」と言い関本(佐々木蔵之介)に山猫の殺害を言い渡します。関本もユウキと繋がっていたのです。関本はバツイチで結婚しており、奥さんと子供がいて、ユウキテンメイに人質にとられており、言うことを聞かざるを得なかったようです。

しかし、山猫と改めて向かい合い、ユウキテンメイを失脚させるために仲直りしユウキテンメイに立ち向かうことになります。

ユウキテンメイは数兆円という莫大な資産を抱えており、それを細田の実家の工場の地下に隠していました。細田はそれを暴いてしまったので殺されてしまったのです。

しかし、山猫に隠し場所を見つけられてしまったので場所を移してしまい、山猫たちはそれを見つけるために警察資料館に進入し、隠し財産の場所を突き止めます。場所は冒頭でも関本が訪れていたユウキのアジトの地下でした。

地下への隠し扉も見つけ、踏み込もうとしたときに高杉真央(広瀬すず)のハッキングが無効化され、関本(佐々木蔵之介)は犬井(池内博之)に山猫の一味だと見破られ、警察も山猫の元へ向かい絶体絶命のピンチを迎えます。

撤退しようとした山猫に対して銃を突きつけたのが、カメレオンだった勝村(成宮寛貴)でした。

ある程度は予想はしていましたがやはり衝撃的でしたね。突入の前日に勝村の誕生日会を祝ったときに勝村が涙していましたが、いったい何を思って泣いていたんでしょうか。

容赦なく山猫を撃ち抜いていましたし、情が移ったというわけでもなさそうですが。

勝村がカメレオンだったと言う事は、細田政生(塚地武雅)を殺したのも勝村だということになりますよね・・・。勝村自身も細田を4発撃って殺したと言ってましたし。物語ラストで山猫に向けていた表情は、今までの陽気で情に厚い勝村ではなくなっていましたね。

相棒の「ダークナイト」に続いて山猫の「カメレオン」。成宮さんのこれからの役も素直に見れないかも。

次回は山猫はカメレオンに殺されてしまうのか!?物語りも佳境を迎えた次の放送も楽しみです。

        怪盗山猫(ドラマ)第7話あらすじと感想~ウロボロスの正体が明らかに!

                         怪盗山猫(ドラマ)第9話あらすじと感想~明かされる山猫と勝村の過去!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加