ゆとりですがなにか(ドラマ)第4話あらすじと感想~ゆとり(島崎遥香)とまりぶが秘密の関係に!

a0960_002540

ドラマ「ゆとりですがなにか」、前回はまりぶ(柳楽優弥)の人となりが分かり、当初の客引きでのガラの悪さとは打って変わって仲間思いの一面も見せました。居酒屋「鳥の民」に通っていたのも坂間正和(岡田将生)や山路一豊(松坂桃李)と話すきっかけを探っていたのでしょうね。また、「鳥の民」で山路一豊が同僚の教師に詰め寄られているときもビシッと言い返してくれたのは気持ちよかったですね。

3人の距離は一気に縮まり、まりぶの家で飲み明かして泊り込んだり、謹慎処分で自宅待機している坂間正和を気遣って、酒蔵見学と称して様子を見に来たりとしました。そして坂間正和の実家で共に家族と食事をしているときにまりぶと就職活動が上手くいっていない坂間正和の妹である坂間ゆとり(島崎遥香)が意気投合した様子。まりぶも大学受験がなかなか上手くいかずに11浪中なので通じ合うものがあったのでしょうか。なにやら坂間ゆとりはまりぶに何かを相談する様子。2人は今後どのような関係になるのでしょうか。

一方「ゆとりモンスター」である坂間正和の部下である山岸(太賀)。彼は相変わらず傍若無人に振る舞い、パワハラで訴え坂間正和に土下座を強要し、慰謝料として100万円を要求します。結局示談が成立したものの、坂間正和は5万円の罰金に加え1週間の謹慎処分。山岸は会社を辞めると言っておきながらこれからも会社に通い続ける様子。一連の件があったにも関わらず山岸は反省しているそぶりを一切見せず、秘密にしていた坂間正和と宮下(安藤サクラ)が付きあっていることも言いふらしている様子。彼は今後もこのような言動を繰り返すのでしょうか。

それでは、「ゆとりですがなにか」4話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

山路(松坂桃李)の学校に怒鳴り込んできた静磨(北村匠海)は、佐倉(吉岡里帆)のカレシだった。静磨に、自分のオンナと浮気していると責められた上、学校中に響き渡る大声で童貞だと暴露されてしまう山路。さらに、授業参観で発表する劇について保護者から次々と理不尽なクレームを受け、ストレスは増すばかり。

正和(岡田将生)は、宮下(安藤サクラ)とつき合っていることを山岸(太賀)に言いふらされ、社内で噂の的に。二人の関係がバレることを頑なに嫌がる宮下の態度に、正和は違和感を覚える。

そんな中、まりぶ(柳楽優弥)は正和に、ガールズバーの店長を任されて忙しくなるので今までのようには「鳥の民」に来られなくなると告げる。まりぶも顔を見せなくなり、店の客も少ない夜、正和は山路に店に来ないかと連絡を入れるが返信はない。かわりに閉店間際の店にやってきたのは山岸だった。その頃、山路と宮下は同じボルダリングジムにいて…。

スポンサーリンク

感想

山岸(太賀)の行動がいまいちはっきりしませんね。

職場で坂間正和(岡田将生)と宮下(安藤サクラ)が付き合っていることを言いふらしていたり、坂間正和が店長を勤める居酒屋「鳥の民」にプライベートでやってきては本社の人間だからと好き勝手に振舞うと傍若無人な振る舞いは以前のまま。しかし、以前は碌に顔も見せなかった取引先の社長とは上手く付き合うようになり認められるようになってますし、山岸がLINEで会社を辞めると伝えた日に起きた人身事故(飛び降り事故)の遺影に向かって線香を供えていたりと以前の山岸では考えられないような行動をしたりもしています。取引先の社長は認められたいガゆえの行動と言ってましたが、人の秘密を言いふらしたり、会社の経費で好き勝手に飲み食いするのとは違う気がしますが。

それにしてもまりぶ(柳楽優弥)はやっぱりいいキャラしてますね。山岸に対しても周りが思っていることをズバッと言って怒ってくれますし気持ちのいい性格です。そのまりぶですが、ガールズバーの店長を任されるようになったんですね。坂間正和の妹である坂間ゆとり(島崎遥香)はまりぶの名刺から連絡先を突き止め、自分を変えるためにと思い切ってまりぶにガールズバーで働きたいことを明かします。友達の妹である坂間ゆとりをガールズバーで働かされることに躊躇するまりぶですが結局採用することにしたようです。全回の3話でまりぶが友達であることを頑なに認めなかったことも少し根に持っているのでしょうか。

一方、小学校教師である山路一豊(松坂桃李)も悩みが尽きません。佐倉(吉岡里帆)の彼氏である静磨(北村匠海)が学校に乗り込んできて、山路一豊が静磨と一緒に温泉に行ったことを責め立てます(坂間正和やまりぶも一緒でしたが)。佐倉に彼氏がいたことを知らなかった山路一豊は静磨を宥めますが聞く耳を持たず、遂には佐倉と肉体関係を結んでいるのではないかと詰め寄ります。結局、山路一豊が携帯のLINEでのやりとりでそのような関係を結んでいないことを証明し相手も引き下がりましたが、山路一豊が女性と今まで肉体関係を結んでいないことが全校生徒に知れ渡り生徒からからかわれることになりました。

また、学園祭の演劇でも生徒達の親が自分の子供の役を少しでもいいものにしようと台本にどんどん口出しをしてきます。本人達はモンスターペアレントじゃないって言ってましたけどどうなんでしょうね。自分達がそう言っていたように本当のモンスターペアレントはあんなものじゃないのでしょうか。演劇の当日、魔女役などの生徒が2名、急性胃腸炎で欠席したものの山路一豊や佐倉が抜けた穴を代役することでなんとか無事に終了することが出来ました。そして佐倉の実習期間も終わり、大学に戻ることになりました。生徒達に向けて別れの挨拶を言った後、山路一豊に向けていった「これからもよろしくお願いします」の言葉を真意をつかめない山路一豊は宮下に相談しますがはっきりしない様子。

そんな感じで日々が過ぎながらもある日、坂間ゆとりとまりぶの関係を怪しんだ坂間正和がまりぶの後をつけた結果、坂間ゆとりがガールズバーで働いていたことが明らかになってしまいました。妹がガールズバーで働いていたことを知った坂間正和はどのような対応を取るのでしょうか。

ゆとりですがなにか(ドラマ)第3話あらすじと感想~まりぶがいいキャラすぎて大好きに

ゆとりですがなにか(ドラマ)第5話あらすじと感想~まりぶとゆとりが交際!不倫!?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加