ゆとりですがなにか(ドラマ)第6話あらすじと感想~食中毒事件が発生!?山岸は?

ゆとりですがなにか

ドラマ「ゆとりですがなにか」、前回は坂間正和(岡田将生)に数々の受難が降りかかりました。

本社に呼ばれて、坂間正和が店長を務める「鳥の民」の業績が上がっていることを、上司である早川(手塚とおる)に褒められるものの、まだ営業に戻ることは出来ないと告げられます。詳しく話を聞くと、坂間正和の担当のエリアマネージャーであり彼女の宮下茜(安藤サクラ)が仙台に立てられる新店舗の支店長として転勤予定であることが明らかになります。

話を聞いていなかった坂間正和は宮下から詳しく話を聞くため、宮下がよく通っているボルダリングジムに向かいます。詳しいやりかたも知らずに闇雲に登った坂間は落下してアキレス腱を半分切る怪我をしてしまいました。

坂間正和のサポートとして代理で「鳥の民」で働いた宮下は閉店後、坂間正和と2人で話し合うことに。話し合いから坂間正和は自分の存在が宮下の出世を妨げていると感じ、宮下に別れを切り出します。結婚を申し込まれると思っていた宮下は戸惑いながらもこれを了承。宮下と話が合う山路(松坂桃李)に、宮下のことを頼み身を引くことに。

また、坂間正和は妹である坂間ゆとり(島崎遥香)のことでも頭を悩ませていました。妹がまりぶ(柳楽優弥)が店長を務めるガールズバーで働いていることを家族にも彼女にもいえない坂間正和はレンタルおじさん麻生(吉田鋼太郎)に話を聞いてもらうことに。話を聞いた麻生は、自分が客としてガールズバーに潜入し、坂間ゆとりから話を聞きだすことを提案します。そしてその結果、坂間ゆとりは自分の意思でガールズバーで働いていることが判明しました。

そして当事者の坂間ゆとりはまりぶに恋心を抱いている様子。まりぶにデートを申し込みますが、まりぶは坂間正和に話を通してならと条件付で承諾。しかし、坂間ゆとりは坂間正和に話しをする気はないらしく、まりぶには話を通したと騙しデートをすることに。

デートの成果なのか、その後2人は付き合うことに。しかしまりぶは妻子持ちの身。不倫であることをまりぶの父でもある麻生に責めますが、麻生もまた自身の不倫で離婚したのでまりぶには強く言えない様子。

直接まりぶから話をすることにした坂間正和は、まりぶの家に向かい、坂間正和、麻生、まりぶ、そしてまりぶの妻を交えて話をすることになりました。

それでは、「ゆとりですがなにか」6話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

まりぶ(柳楽優弥)とゆとり(島崎遥香)の関係を知った正和(岡田将生)は、レンタルおじさん・麻生(吉田鋼太郎)とともにまりぶのアパートへ押し掛ける。まりぶは正和に、ゆとりとのいきさつを語る。ゆとりを傷つけたくない正和はまりぶに、ある頼み事をする。

さらに仕事でも正和を悩ませる問題が。山岸(太賀)が担当する取引先の仕出し弁当屋が他社に乗り換えたらしく助けを求められ、担当者の野上(でんでん)に探りを入れるが、乗り換えた理由は分からない。一方、山路(松坂桃李)は学習障害の児童・大悟のために尽力し、大悟の母・奈々江(石橋けい)から信頼されるようになる。

シングルマザーの奈々江は、看護師として働きながら大悟を育てていた。山路は、奈々江のことが気になり始める。そんな中、久しぶりに佐倉(吉岡里帆)から連絡が来る。ついに、山路にモテ期が到来!?ある日、正和が本社へ出社すると、そこには元恋人の茜が。隣にいた強面の男性を「父です」と紹介され……

スポンサーリンク

感想

まりぶ(柳楽優弥)とゆとり(島崎遥香)が一線を越えた関係にまでなっていたとは。

まりぶとゆとりの関係を知った坂間正和(岡田将生)は、まりぶの父であるレンタルおじさん麻生(吉田鋼太郎)と共にまりぶの家へ向かいますが、2人は肉体関係を持っていることが明らかになります。まりぶが妻子持ちであることを知らないゆとりのために、まりぶに別れるように言う坂間正和。まりぶも坂間正和に罪悪感を感じていたようですんなりと聞き入れます(坂間正和の目を盗んでちょくちょく会っているみたいですが)。

また、仕事でも坂間正和の頭を悩ませる問題は起き、仕出し弁当屋が他社に乗り換えたらしいとのことで、山岸(太賀)から相談を受けます。坂間正和が直接担当者の野上(でんでん)に会いに行き話を聞くも、以前の友好的な感じはなく冷たくあしらわれます。山岸の追跡の結果、どうやらより良い接待をしてくれる会社に乗り換えた様子。そこで坂間正和は、野上が好色なことを利用し、ガールズバーの店長を務めるまりぶに協力してもらい、無事に6ヶ月の契約の延長を取り付けることが出来ました。

そして宮下茜(安藤サクラ)との関係にも問題が生まれます。山路(松坂桃李)と共に温泉旅行に行った宮下茜。そこで山路は宮下茜の胸の内を聞きます。本当は坂間正和と別れたくなかった宮下茜ですが、このまま自分と一緒にいたら坂間正和が駄目になると思い身を引いたとの事。でも本当は坂間正和は駄目のままでいい、そんな坂間正和が好きなのだと言う宮下茜。そんな宮下茜の胸の内を聞いた山路は坂間正和に一連のやり取りを伝え、寄りを戻すのかと聞きますが、そんな話を聞いた後なら尚のこと寄りを戻すことは出来ないと言う坂間正和。坂間正和は今の自分が受け入れられず、どうしても変わりたい様子。

そんなある日、テレビを観ていた坂間家は、坂間正和が勤める会社の取引先である野上が担当者を勤める弁当屋が食中毒にあったというニュースを目にします。会社に出勤した坂間正和は、上司であるエリアマネージャーの宮下茜からすぐに現場に向かうようにと言われます。山岸とは連絡が取れない様子。早速現場に向かおうとする坂間正和ですが、宮下茜から同席していた男性を紹介されます。私の父です、と。

ゆとりですがなにか(ドラマ)第5話あらすじと感想~まりぶとゆとりが交際!不倫!?

ゆとりですがなにか(ドラマ)第7話あらすじと感想~宮下茜の父・重蔵(辻萬長)登場!ゆとりと呼ぶ理由

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加