ゆとりですがなにか(ドラマ)第7話あらすじと感想~宮下茜の父・重蔵(辻萬長)登場!ゆとりと呼ぶ理由

ゆとりですがなにか

現在、「ゆとりですがなにか」にて特別企画、ツイッターキャンペーン”おっぱい祭り゛が開催されていますね。「ゆとりですがなにか」公式ツイッターをフォローし、ドラマ放送中に「♪O・P・P・A・I」の歌が流れたときに「♯おっぱい」と「♯ゆとり」をつけてツイートすると、抽選で番組オリジナルグッズがもらえるそうですよ。

ドラマ「ゆとりですがなにか」、前回は坂間正和(岡田将生)の妹・とゆとり(島崎遥香)がまりぶ(柳楽優弥)と交際していることを聞きつけた坂間正和が、まりぶの父親であるレンタルおじさん麻生(吉田鋼太郎)と共にまりぶの家へ向かいました。まりぶが妻子持ちでないことを知らないゆとりのために坂間正和はまりぶにゆとりと別れるように言います。まりぶは不倫していることに関しては気にしてなかったものの、友達である坂間正和には罪悪感を感じていたようでまりぶの意見を聞き入れました。

また、職場では坂間正和の部下である山岸(太賀)から仕出し弁当屋が他社に乗り換えたらしいと相談を受けます。直接担当者の野上(でんでん)に直接話を窺いに赴くも、以前の友好的な態度とは打って変わって冷たくあしらわれてしまいます。山岸の張り込みの結果、野上はよりよい接待をしてくれるとの理由で新しい会社に乗り換えたことが判明。そこで坂間正和は、野上がキャバクラなどの女と飲むことを好んでいることを利用し、ガールズバーの店長を務めるまりぶに協力してもらい、無事に契約を取り付けることが出来ました。

そして前回、坂間正和と別れた宮下茜(安藤サクラ)。宮下茜は山路(松坂桃李)と共に温泉旅行に行き、坂間正和への想いを打ち明けました。本当は別れたくなかったが、このまま自分といれば坂間正和が駄目になると想い身を引いたという宮下茜。しかし、宮下茜は坂間正和は駄目なままでいい、それでこそ自分が好きな坂間正和と言います。山路は坂間正和に、宮下茜の想いを伝えると、彼女がそういう考えならば尚更自分は寄りを戻すことは出来ないと言います。坂間正和は今の自分を受け入れられず変わりたい様子。両者の意識の違いで悩むことになります。

ある日、野上が担当を務める仕出し弁当屋が食中毒を引き起こしたとニュースが流れます。会社に向かった坂間正和は、エリアマネージャーである宮下茜から現場に向かうよう言われます。担当者である山岸との連絡は付かない様子。現場に向かおうとする坂間正和ですが、宮下茜から同席していた男性を紹介されます。私の父です、と。

それでは、「ゆとりですがなにか」7話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

食品会社につとめる坂間正和(岡田将生)の営業時代の得意先で、今は後輩・山岸(太賀)が引き継いでいる仕入れ弁当屋で食中毒事件が発生。正和は、<伝説の営業マン>の本領を発揮する上司・早川(手塚とおる)の指揮のもと問題の矢面に立ち、会社を救おうと奔走する

その頃、道上まりぶ(柳楽優弥)は、正和の妹・ゆとり(島崎遥香)と別れることを約束したものの、別れられないでいた。一方、山路一豊(松坂桃李)は週末に控えた<父の日参観>について、クラスの児童・大悟の母でシングルマザーの奈々江から相談を受ける。その日、自分の息子が学習障害という現実を受け入れられぬままの元夫・原島も来ることになるという。

大悟を受け入れ、一緒に学ぼうとする児童たちの姿を見てほしいと、緊張しながら授業に臨む山路。そんな中、別れた元カノ・宮下茜(安藤サクラ)のコワモテの父・重蔵(辻萬長)が佐賀から上京。別れたことをそれぞれ家族に報告できぬままの正和と茜だったが、何も知らない重蔵が結納を交わそうと坂間家に乗り込んで……。

スポンサーリンク

感想

野上(でんでん)が担当を務める仕出し弁当屋が食中毒を引き起こしたとニュースが流れ、現場に向かう坂間正和(岡田将生)と上司・早川(手塚とおる)。大手の取引先は、潤沢な資金を武器に、野上から自分たちのことは公表しないように伝え、坂間正和と早川が野上と共にマスコミの前に出ることに。

早川の迅速な行動に、坂間正和は舌を巻くものの、宮下茜(安藤サクラ)から早川はかつて伝説の営業マンと呼ばれていたことを聞かされます。

また、プライベートでは宮下茜の父・重蔵(辻萬長)と家族で会うことになった坂間正和。強引に話を進めようとする重蔵に対し、お父さんのことは嫌いですと言う坂間正和。自分は既に宮下茜と別れていると言い、結婚の意思はないことをはっきりと伝えますが、そこで宮下茜は別れたくなかったと泣きながら訴えます。口論の末に、もういいと言い残し飛び出す宮下茜。その後、重蔵を見送る際に、自分達年寄りは若者に対して常に劣等感を抱いている、だからゆとり世代と一括りにしてなんとか平静を保っていると伝えます。

後日、正式に仙台への赴任を受け入れる宮下茜。そしてその穴を埋めるように坂間正和がエリアマネージャーへ昇格。そして、山岸(太賀)は営業を外されて「鳥の民」の店長をすることに。

夜、バーにて宮下茜は早川に溜め込んでいる鬱憤を晴らします。その帰り道に、自分は酔っていると早川に言い、あなたはどうしたいと早川に問い、2人でホテルの中へ入っていきました。

一方、道上まりぶ(柳楽優弥)は、正和の妹・ゆとり(島崎遥香)と別れるといったものの、未だに別れることができていない様子。まりぶはゆとりと付き合うようになって考えが変わったのか、今まで務めていたガールズバーにも来なくなり、山路(松坂桃李)が教師を務める小学校にて、木を伐採する職人の下働きをしている姿を目撃されました。

次回予告では、結婚すると宮下茜に伝える坂間正和の姿が。宮下茜とは結婚する意思はないと言っていた坂間正和ですが、考えが変わったのでしょうか。それとも他に、気になる人でも出来たのでしょうか。

ゆとりですがなにか(ドラマ)第6話あらすじと感想~食中毒事件が発生!?山岸は?

ゆとりですがなにか(ドラマ)第8話あらすじと感想~坂間正和が宮下茜にプロポーズ!まりぶは逮捕!?

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加