ゆとりですがなにか(ドラマ)第8話あらすじと感想~坂間正和が宮下茜にプロポーズ!まりぶは逮捕!?

ゆとりですがなにか

ドラマ「ゆとりですがなにか」、前回は坂間正和(岡田将生)の得意先で、現在は後輩の山岸(太賀)が担当している野上(でんでん)が担当を務める仕出し弁当屋が食中毒事件を起こしたとしてニュースになりました。山岸とは連絡がつかずに、上司の早川(手塚とおる)と共に現場へ向かう2人。

競合先である大手食品会社は、潤沢にある資金により、早々にこの件からは手を引き自分達の会社の名前は出さないように野上に告げ責任を逃れました。同じような方法を取ることは出来ない坂間正和たちは野上を救うことで、結果的に恩を売りなんとか会社を立て直すことに。その際の早川の仕事ぶりに驚く坂間正和ですが、後に早川は伝説の営業マンと呼ばれていたことを知りました。

また、別れたことを伝えていない宮下茜(安藤サクラ)の父・重蔵(辻萬長)が佐賀から上京し、坂間正和の実家へ突然やって来て2人を結納させようと話を勝手に進めていきますが、自分(坂間正和)の話を聞こうとしない重蔵に対して、あなはのことは嫌いです、と言い宮下茜とは既に別れていることを伝え、結婚の意思はないことははっきりさせました。重蔵の帰りを見送る坂間正和。そこで重蔵は、自分達年寄りは常に若者に対して劣等感を抱いており、それ故に「ゆとり世代」と一括りにすることによってなんとか保っているのだと聞かされます。

後日、早川から正式に仙台への赴任を言い渡される宮下茜。それに伴い、坂間正和は営業に復帰しエリアマネージャーへ。また、山岸は2回も逃亡したことにより降格され、今まで坂間正和が店長を務めていた「鳥の民」の店長を任されるようになりました。

夜、バーにて上司の早川に坂間正和の不満をぶつける宮下茜。その帰り道に、自分は酔っているがこれからどうする?と早川を誘うようなことを言い、早川と共に2人でホテルに入って行きました。

一方、坂間正和に妹のゆとり(島崎遥香)と別れるように言われた道上まりぶ(柳楽優弥)ですが、未だに別れることはできていない様子。ゆとりと付き合うようになって、考え方が変わったのか、今までしていた客引きや、店長を務めていたガールズバーにも来なくなり、、山路(松坂桃李)が教師を務める小学校で、木を伐採する職人の下働きをしている姿を山路に目撃されました。

坂間正和は宮下茜と本当に縁を切るのか。まりぶはゆとりと別れるのか、またガールズバーは本当にやめてしまうのか。山路は以前の学校でも不倫して離婚している大悟の母でありシングルマザーの奈々江とこのままズルズルと関係を続けるのか。

それでは、「ゆとりですがなにか」8話のあらすじを振り返りながら感想を述べていこうと思います。

スポンサードリンク

あらすじ

正和(岡田将生)は、会社をやめ、兄の宗貴と一緒に酒屋を継ぎたいと宣言するが、兄は家を出て北海道で農業をやりたいと言い出す。勝手なことばかり言う息子たちに母は激怒。後継者問題と、兄嫁の妊活問題が絡み合い、坂間家は険悪な状態に。

小学校では、あらゆる関係者から童貞であることを知られた山路(松坂桃李)が、性教育の授業をすることになり動揺を隠せない。

一方、生き方をあらため、植木屋職人として働き始めたまりぶ(柳楽優弥)だったが、同僚としてやってきた職人が、まりぶと以前会ったことがあると言い出して…!?茜(安藤サクラ)最後の「鳥の民」出勤の日。いつものメンバーへの挨拶をしていると、正和が突然号泣して……

スポンサーリンク

感想

いやー、大きく物語が動き出しましたね。

まず、前回早川(手塚とおる)と共にホテルへ入っていった宮下茜(安藤サクラ)はどうやらそのまま肉体関係を結んだようですね。直接の描写こそなかったものの、早川の態度からそのように考えられます。宮下は結構すぐに誰とでも寝ますね。山路(松坂桃李)とも2人で温泉旅行に行って、宮下を誘うようなことをしていましたし、早川とは実際にラブホで一緒に寝たわけですから。その宮下茜ですが、会社ではすでに知れ渡っているらしく、早川と不倫関係になっていることはうわさになっている様子。

ある日、残業にて坂間正和(岡田将生)と2人きりで遅くまで残った宮下は、坂間正和を自身の家へ誘い坂間正和とも一晩を共にしました。行為の後、宮下は早川と関係を結んだことを坂間正和に打ち明けます。

宮下茜のエリアマネージャーとしての最終日、「鳥の民」にて最後の挨拶をしているとき、坂間正和は「鳥の民」の店長を任せられてからの数ヶ月間に感謝の言葉を述べ、最後に宮下と結婚して会社を辞めることを宣言しました。他の男と別れた早々寝たことを知らされた後に、どうしてそういった発想になったのかは正直分かりませんでした。

上司の早川に、宮下茜と連名にて退職願を提出する坂間正和。退職願は特にトラブルもなく受理されるも、坂間家に帰りそのことを報告すると、実家の酒屋をやめて北海道で農業をやりたいと言っていた兄の坂間宗貴(高橋洋)が、なんと今までの妊活の成果が出たのか、坂間みどり(青木さやか)が妊娠をしたので北海道に行く余裕はなくなったと言って来ました。家族の故とを考え、今まで勤めてきた会社を辞めてまで、実家の酒屋を継ごうと考えていた坂間正和はどうなるのでしょうか。

一方、植木屋職人として働き始めたまりぶ(柳楽優弥)。しかしそこへ、同僚としてやってきた職人の1人が、嘗てまりぶが客引きしていた被害者の1人であることがあり、そのころの恨みで職場でねちねちとした嫌がらせをしてくることになります。そのような嫌がらせにも黙って耐えていたまりぶですが、相手が遂に直接手を出してきたことから、まりぶも今までの我慢の限界が来たのか相手をボコボコにして返り討ちにしました。

とぼとぼと街を歩いていたまりぶですが、かつて一緒に客引きをしていた後輩に出会い、再び客引きとして働くことになるまりぶ。いつものように、客から法外な金額を請求していたまりぶですが運悪く、ガサ入れをしてきた警察に引っかかってしまい逮捕されてしまいました。また、日本に入国してきたものの、既にパスポートの期限を切らしており不法入国しているまりぶの妻も入国管理局にマークされていたのか、まりぶの家に押し入ってきました。まりぶの妻は入国管理局が押し入ってくるのを察知したのか、事前に家を飛び出してその場の逮捕はなんとか免れることは出来たようです。

宮下にプロポーズして会社を辞めたものの、なにやら事情が変わってきた坂間正和。坂間正和にプロポーズされて浮かれる宮下茜。ガサ入れに引っかかり逮捕されてしまったまりぶ。入国管理局の押し入りに居合わせてしまった山路。これから一体どのようになってしまうのでしょうか。次回予告では、弁護士であるまりぶの兄が登場するようですね。まりぶの兄はまりぶを救ってくれるのでしょうか。

ゆとりですがなにか(ドラマ)第7話あらすじと感想~宮下茜の父・重蔵(辻萬長)登場!ゆとりと呼ぶ理由

ゆとりですがなにか(ドラマ)第9話あらすじと感想~まりぶの異母兄・政伸(平山浩行)登場!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加